スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなのできました

ようやく肩の荷が下りたというか、胸のつっかえが取れたというか、取りあえず完成してホッとしています^^;
製作を再開した時は、何をどう作っていたかをすっかり忘れており、自分のブログを見ては復讐を繰り返す・・・
もちろんリテイクが必要なパーツも多く、レックレスさんのZZを見ながら作っていた自分の作品を参考に製作し直すという、なんとも複雑な状況でしたw

zzoc1.jpg
topの画像からご覧いただけます。
また、オークションにも出品中です。
ご興味がある方はお立ち寄りください^^

スポンサーサイト

ZZ 腰回り

Recklessをまんまコピーで。
とか思っていましたが、実際Fアーマーをreckless版でスクラッチして取り付けてみると、なんか変なんですよね~
上半身が完璧にコピー出来ていないからでしょうか?
改めて、小松原さんのトータルコーディネイト力の高さを実感。
あれだけの創造力があると、作ってて楽しいでしょうね^^
凡人の私はひたすらゴーイングマイウェイ。

スクラッチ2.5作目wで、デザインとサイズにようやく納得できました。
hgzz30.jpg
中途半端と言えばそうかも知れませんが、センターよりの下へ伸びるでっぱりの長さは意外と重要でした。
スクラッチに使用した素材はプラ版です。
これくらいのデザインなら積層で比較的簡単に製作出来ます。

股間ブロックはキットをベースにプラ版で大型化&デザイン変更。
下側のバーニアは市販品に変更して上側との機能(見た目)を差別化しています。

hgzz29.jpg
ん~と、ノーマルが無いと違いが分からないでしょうか?^^;
スジ彫りは追加した方がいいですね~

hgzz28.jpg
そしてSアーマー。
アーマーと言っても、ZZ時にたまたまここに収まった「羽」でありますので、プラ版に置き換え大型化したのちに、戦闘機っぽいモールドを追加しました。

膝回りのチラっと変更の跡がありますが、現在はこのあたりを改修中。

次回更新まで少し間が空くと思いますが、気長にお待ち下さいね^^;
ガンキャノンDは、それなりに進んでいますが記事としては面白くないんですよね~w

細くするのは大変

明日は早朝に幕張へ向けて出発です。
東京には3日間滞在しますが、その間スケジュールはぎっしり^^;
疲れる旅行になりそうですw

ZZは上肢の工作終了しました。
hgzz23.jpg
hgzz24.jpg
シールドは上側を11mm、下側を7mm延長しました。
ノーマルは小さく、その機能を果たさないような・・・って、これシールドでいいですよね?^^;
延長はreckless版に従っています。
そして大変だったのは前腕のスリム化。
延長や太くするのは比較的簡単ですが、縮小加工は大変ですね^^;
肘の赤パーツは拡大しています。

hgzz27.jpg
シールドには戦闘機を参考にモールドを追加。
また下側に設けてある可動用の隙間はパテで埋めました。

hgzz25.jpg
かなり大きくなったでしょ?
普段の可動には邪魔になりそうですが、巣立ち時の威圧感は倍増しました^^

hgzz26.jpg
若干間抜けに見えるのは、腰回りを加工のため取り外してあることが原因ですw
ちなみにFアーマーはスクラッチの予定。
もう、こうなったらとことんやってやりますw

次回はキャラホビのレポかな?
と言っても2時間ほどしか会場に居られませんが^^;
明日はボークスで資材を大量購入でっす。

世間では盆休みですよね~

今朝のニュースで見ましたけど、高速道路の渋滞が下りを中心にはじまってますね。
車で帰省される方はくれぐれも居眠り運転等をされない様気をつけて下さい。

ZZはぼちぼち進んでいます。
現在の状況ですが、
hgzz15.jpg
こんな感じです。

手を入れたパーツは・・・・すべてですw

hgzz16.jpg
両肩の青い板(名称不明w)の工作は何気にテンションが上がらず時間がかかってしまいました^^;
0.5mm、0.2mmのプラ版で一部段上げし、スジ彫りやらプラ版でモールドを追加しました。

hgzz17.jpg
下面のダクトはスジ入りプラ版(エバーグリーン製)で別パーツとしました。
板を受ける支持パーツの下面ディテールも確認できますね^^

hgzz18.jpg
いまさらですが、肩関節部(三角筋にあたる個所)はエポキシパテで大型化しつつ形状変更。
肩アーマーとの隙間を最適化したかった訳(ノーマルは隙間が大きい)ですが、可動域を変えずに行うにはこれが限界w

hgzz19.jpg
現在は前腕の工作中。
長さは良いのですが、何せ太い。
で、このように調整しました。
これが思った以上に大変で、赤パーツの調整も含め現在進行中です。
上腕は1mm短縮しています。


今後工作のメインは、キャノンコンペに出品するであろう、この超マイナーMS。
gk1.jpg
資料がまったく無いため、SNSでお世話になっているがんだまーさん、サマナーさん、しまさんにいろいろアドバイスを頂きながら進めて参ります。

もうグタグタっすよ・・・・

あ・・・・つ・・い。
毎年思うのですが、この夏の暑さや冬の寒さって、なんとかプール出来ないものですかね?
で、夏には冬の寒さを、冬には夏の暑さを利用できればめっちゃエコですよね~
などと馬鹿みたいな事言ってますが、世の中の鬼才な方々はきっと現実化に向けて検討中だと思います。

ZZですが、短期中止してRGを作っていたりします。
しかしRGは良く出来てます!
昨年のVer30thも良キットでしたが、RGは数段その上ですね。
外装の分割もほぼ完ぺきに1/1ガンダムを再現しているし、何と言ってっもその可動域!
恐ろしいほど動きますし、部位によっては外装がスライドします。
小さく軽いため、各関節にかかる負担も少なく、スムースに動くんだけど保持力は十分、と言った感じでしょうか。
とは言うものの、これら成立するにはそれなりにパーツ数がかさむ訳で、スケールからすれば個々は今までにないくらい小さくなります。
どなたか私をスモールライトで小さくして下さいw

さてZZがどこまで出来ているかと申しますと。
hguczz8.jpg
胸部が充実し、良肩が付きました。
シンメトリーはもう少し出した方がよさそうですね~

hguczz11.jpg
hguczz9.jpg
ノーマルを横に並べた方が良かったかな~^^;
キットの形状は、劇場版を忠実に再現していますが今の時代にはどうなんでしょう?^^;
と、言う事で横・下に1.5mmのプラ版を貼り付け、reckless版の形状に近づくよう削り込んで形状を変更しました。
ZZは肩アーマーにダクトが各2個配されています。
これが面倒くさかったw
最初からプラ版でスクラッチすれば簡単なんですが、可動ギミックを生かしたいばかりにキットを芯にしていますので、ダクトはすべて彫り込みで作っています。
もうね、後の処理が大変w
2×4で8個のダクトを彫ったわけですが、上手く行ったのは2~3個でしたね~
残りはサフ→修正の繰り返し。
恐らくは最終チェックでダメだしが入るでしょうw

hguczz10.jpg
え~っと、両肩上の青い板はバインダーとでも言うのでしょうか?^^;
この支持パーツも市販バーニア、プラ版でディテールアップしています。
バーニア内部にはエッジングパーツで別パーツとして塗り分けの精度を高めます。
プラ版によるディテールアップはこの画像からは分かりにくいですね~
これに関してはまたの機会に^^;
それと、肩関節に当たるパーツはエポキシパテで形状を変更&延長しました。
肩アーマーとの隙間が非常に微妙な感じだったので、可動域を変えないようぎりぎりのスペースのみ確保しました。

hguczz12.jpg
hguczz13.jpg
首周りのディテールです。
プラ版、エポキシパテ、市販パーツを使用してそれなりになったでしょうか?^^;
首周りは最もディテールが集中する箇所ですね~
今回はスジ彫りも少し控えめにしようと思います。

hguczz14.jpg
最後にお腹周り。
大した事はしていませんが、両サイドにダクトを追加しました。
設定では横長の小さなダクトが前後左右、計4個配されていますが、「幅2mmの市販バーニアを加工するなんて無理~」、と思いましたので縦長で左右2個に変更しました(勝手にw)。

と、言う事でZZはしばらく封印。
RG完成後に再開予定ですが、キャノンコンペ用作品にも手を出さないといけませんので、ひょっとすると長期封印・・・場合によっては永久封印になる可能性もあったり^^;
ま、そんな事にはならないよう、テンション保ってやりたいですねw

プロフィール

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。