FC2ブログ

最高の素材

これを生かすも殺すも作り手次第。

オークションの作例をしていると、私がやろうとしていた細いプラ棒を使ったディテールアップされているものがチラホラと・・・
何か差別化を図ろうと頭をひねっていますが、キットが出来過ぎているためそれも難しいです。
時間を掛けるからには、とにかく完成度の高さには拘ろうと^^;

最近のキットはLEDを装着する事でツインアイやモノアイが点灯するというギミックが簡単に再現できます。
このサザビーももちろんLDE対応。
早速LEDを購入し、実際にとりつけてみました。
mgsazabi8.jpg
本来なら裏打ちの無いクリアーパーツを追加し、LEDのon/off両方に対応させるのですが、これだけモノアイが奥まっていると、LED off時に光を拾いません・・・
今回はLED装着をあきらめ、裏打ちがしっかりあるVCドームをモノアイに使用します。
mgsazabi10.jpg
キット状態はクリアーパーツ一体型なので、丸モールドとVCドーム(グリーン)を追加しました。

mgsazabi9.jpg
で、こうなります。
シナンジュの光を拾いにくい構造だったんですが、これも撮影時は苦労するかな^^;

mgsazabi7.jpg
頭部のアンテナ(太1、細2)はすべてシャープに加工しました。
顎の下端も少し削り、顎引きが決まるようにしてます。

mgsazabi6.jpg
首周りって、拘ると終わりが見えない部分。
幸い兜が大きなため、露出部が限られるため、そこに工作を絞ってます。
まずはパイプを軸+スプリング+メタルパイプ(片側7個)に変更しました。
ノーマルに比べ、若干太くなり隙間が減りいい感じ。
その他プラ棒でディテール、スジ彫りでモールドを追加。
また塗り分ける事でさらに情報量を増やす予定です。

そろそろ第一陣が仕上げるので、次回はその紹介予定です。

やっぱりいいよね~

RGストフリのオークションは無事終了しました。
開催期間中は多くのアクセスをいただきありがとうございました。

さて、次はこれです。
mgsazabi1.jpg
写真のアングルがイマイチのため、それほどカッコよく写ってませんが、「最高」です。
圧倒的な大きさ、それを間延びさせない情報量・・・
キットレベルでここまでさせたら、我々モデラーの存在意義ってナニ?的な。

mgsazabi2.jpg
RGストフリとの比較。

νガンダムでは否定的だった「発動モード」も、これならアリ!です。
メカニカルなギミックに心を打ち抜かれましたw

発動モードを生かしつつ、細部まで拘りぬいたサザビーを製作しようと思います。

masazabi3.jpg
膨大なパーツ数を適切に管理する為、部分的に工作→完成させて行くスタイルで行っていきます。
まずは武器、シールド。
ライフルは前腕に対して平行に構える事ができません。
前腕がゴツイこと、ライフル(胸当て)の形状が原因です。
キット状態でも持ち手部は若干可動するのですが、その可動域を広げる事で自然な形で構えられるようにしました(画像→右側)。

mgsazabi4.jpg
そしてサイドアーマーに収められるバーニア。
片側3基ですが、これらは一発抜きされていますので、右側のようにすべて切り離しました。
と、こういう細かな工作が続くんだろうーなーと。

mgsazabi5.jpg
このようにバーニアが2重構造でキット化されるのは非常にありがたいです。
あとは定番の旋盤加工でエッジを立たせます。
これが一体いつくあるのやら・・・・

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ