スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいまです

出張先の神戸より戻りました。
在来線から新幹線に乗り換えて片道約2時間と、近いと言えば近いのですが、やはり疲れました^^;
そんな中、神戸牛もしっかり押さえてきましたよ♪

明日は奥さんが横浜へ友達の結婚式に出席するため終日フリー。
子供次第ではまとまった工作時間が取れそうなのですが、予報では雨。
サフ→塗装への工程はあきらめた方がいいのかも^^;
デカールでも作りましょうかね?
それか次回作のパチ組?
・・う~ん、たまには模型を忘れたいと思ったり^^;

そういえばOOももうすぐ放映開始ですね^^
今日のプレ放送を見て、なにやら自分の中でふつふつと沸き上がる物が^^;

スポンサーサイト

そろそろ工作終了

最後の改修パーツ、プロペラントタンクの改修が終了しました。
hi3.43.jpg

hi3.45.jpg

全体像はこうです!
hi3.51.jpg

hi3.52.jpg

hi3.54.jpg

hi3.53.jpg

これより洗浄、本サフに入ります。
まだまだ細かな粗で出てきそうですが、焦らずじっくり進めて行きたいと思います^^
この連休はまとまった工作時間が取れそうもありませんが、結婚式までには完成させたいですね!

それはそうと海上釣堀にはまりそうです。
外道と言えばそうなのかもしれませんが、手軽にハマチやら鯛が釣れるのは魅力的^^

リア周り

ようやく気泡処理も終わりが見えてきました。
後は本サフ時に修正します。
で、出来たのがこれ。
hi3.46.jpeg

hi3.47.jpeg

hi3.48.jpeg

hi3.49.jpeg

hi3.50.jpeg

ノーマルに比べて7mmほど延長し、エッジ・太さを調整しています。
あとはファンネルラックへの接続法を丸見えのポリパーツからダイレクトに変更。
いや~・・苦労しました。

ちまちまと

気泡埋めに飽きてきたのでここらで気分転換。
ふくらはぎのスラスター周りを弄りました^^
前面に比べ、背面は情報量が少なく感じていたのでこれにて解消。
hi3.37.jpeg

hi3.36.jpeg

パネルパイン・排気口を追加し、メタルバーニアに変更しました。

残る工作メニューはファンネル、プロペラントタンク・・・かな?
さて、がんばりますか^^

うんざり・・

自分で抜いたとはいえこの気泡にはうんざりです。
hi3.41.jpeg

すごいでしょ^^;
これだけ気泡が小さいと、パテやら何やら入らないし苦労しています。
皆さんはこういった気泡を埋める際、どんなマテリアルを使用します?
何かいい方法を知っている方は教えて下さい^^;

ファンネルラックは従来はBJで接続しますが、本作例は固定します。
自重がかなりありますので、ジョイントの劣化を避けるためです。
hi3.42.jpeg



早く塗装に進みたいなぁ・・

大分空いてしまいましたね^^;
この連休に控えたイベントの準備、実行と何気にバタバタしておりました。
nuはこんな感じ。
hi3.34.jpg

hi3.35.jpg

このキットの頭部って、ホントに難しい!
他キットからの流用も考えましたが、ナンカオカシイ・・
ヘルメット、フェイスの形状に試行錯誤して馬面を解消したり、よりメカをイメージしたデザインに変更しました・・・たぶん(汗
で、組み立てると・・
hi3.25.jpg

hi3.26.jpg

ノーマルはこう。
h2.jpg

少しは良くなった・・・でしょ?^^;

ライフル

なかなかファンネルに手を出す勇気が出ず、武器をちまちまやっておりましたw
hi3.38.jpg

やはりノーマルってひどいw
まずは貧弱な重厚はプラ棒にエポパテを巻きつけ旋盤加工で削り出しました。その他エネルギーパックの流用、エネルギータンク(?)の大型化など・・・
あとノーマルの握り手って、握ってない^^;
もちろんHDMに置き換え、さらに安定化を図るためトリガーを追加(以外に効果大!)しました。
hi3.40.jpg


頭部も作らないと^^;

今日は自宅でパストート用の写真撮影。
以外に細かく指定されてますね~。
奥さんとあーだこーだ言いながら撮影してましたが、いつの間にかお互い笑わせ合い^^;
大人になろーよ。

バックパックです。

いや、もう暑いの何のって(汗
こちら(岐阜県)でも日中は軒並み30℃越え・・・
我が子も連日いい汗をかいております。

さてバックパックまで工作が終了しました。
hi3.20.jpg

hi3.21.jpg

hi3.22.jpg

テールスタビライザー、プロペラントタンクはポリパーツで保持されますが、これがまた丸出しなんです^^;
作例ではテールスタビライザーはポリパーツ、プロペラントタンクは関節技で接続しますが、それぞれはマルバーニアを加工して目隠しを追加しています。
その他プラ版で段上げの装甲を製作し、バーニアはAKOホビーさんのものに置き換えました。
背面の角型スラスターも市販品です。
いかがでしょうか?
これだけ製作するまでに、どれだけの脳内モデリングを要したか(汗
センスが良いひらめきが欠けるため苦労していますが、何となく工作にも終わりが・・・・・んなわけないか^^;

上半身(頭部ぬき)

といわけで上半身が工作終了です。
hi3.28.jpg

hi3.29.jpg

hi3.30.jpg

ズングリムックリな体型は、ウエストを延長することで印象を変えました。
股間ブロックのところでも述べましたが、胸部も全くの別物です。中央・左右とバランスに気を付けながらデザインを変更しています。
こうやって並べてみると、大分違いますね^^;
ディテールにも気を使っています。
首周りにはプラ版でそれらしいパーツを製作し、胸部には整流板を追加、コックピットハッチも作り直しました。

で、肩。
hi3.31.jpg

hi3.32.jpg

まだ仮接着なのでパーツいがんでます(汗
片側で4基配されるスラスターはコトブキヤの角バーニアの最小のものをさらに切り詰め使用しました。前回ここはプラ版の箱組したパーツを使っていますが、工作した市販パーツを使用することで制度・強度が確保されました。

以上を組み立てると
hi3.18.jpg

次回はバックパックです^^

股間ブロック完成

暑さがぶり返してきました(目まい

さてhi-νは股間ブロックまで工作が終了しました。
hi3.14.jpg

hi3.15.jpg

hi3.16.jpg

ノーマルに比べ大きく印象が異なると思います。
体の正中ラインの出っ張りが貧弱ですので、胸部もそうですが股間の中央ブロックも大型化しました。
また、「v」マークはプラ版からの削り出しです。
画像にはありませんが、各アーマーに配されるノズルは削り落として市販パーツに置き換えます。
1作目は全部マスキングにて塗り分けました。←未熟でした^^;
上半身ももうすぐ完成しますので、近々紹介します^^

足はこんな感じ

さて、下肢の工作が終了しました。
基本的なデザインは変えていませんが、アウトラインを好みに変えています。
膝、足首を詰めていますので、大腿で3mm延長しましたがトータルの長さは変えていません。
hi3.11.jpg

hi3.12.jpg
ノーマルの丸いイメージから、どうしても「機械」というよりは「生物」を連想してしまいます。大腿、ふくらはぎとエポパテでエッジラインを修正しました。
本キットの鬼門である関節は、一工夫が必須!また大腿の遠位部は細く頼りなく感じます。
今回はコトブキヤの関節パーツを塗装対策として0.25mmのプラ版で多い使用しています。○一モールドはレックレスのサークルワンに変更し、ディテールも充実させました。
また、引き出しての曲げ伸ばしが可能ですので、これだけ曲がります。
hi3.13.jpg


それにしても涼しくなりましたね^^

プロフィール

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。