スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOG製作記(腕その5)

暖かくなったと思ったらこの寒さ・・・
日本の四季が狂い始めてますね。
娘のパジャマを薄着にした所だったので、また冬物に変えないと風邪引きますね(布団着ないし・・・

KOGはついに全体像を出せるまで来ました。
肩アーマーは乗っけてあるだけですが、最初で最後の全体像になります^^;
まずはキットから。
kog3.jpg
当初は、「スタイルいいじゃん」だった訳です。
なので、胴の延長、腕の短縮とヒケ処理でGOの予定が、蓋をあけるとかつて無い工作量となってしまいました。
私の改修がどうであったのか別として、いろいろ勉強させてもらいました^^;
で、改修後。
kog132.jpg
ノーマルより画像が小さいとかはヌキですよ^^;
取りあえず、ボークスのインジェクションキットを私なりの解釈で「MH」へと変貌させるべく最大限の努力をした結果です^^;
いろいろご意見もあるかと思いますが、こんな感じで本体の工作を終了したいと思います。

kog133.jpg
正面象。
やっつけ接着ですので、一部いがみがありますが完成時には修正します。
あ、そうそう。
キットの同じヴューもあります^^
kog2.jpg
デ~ンって感じが解消されたでしょうか?^^;

とりかかる前は結構嫌気がさしていた肩の紋章。
キットには細かな彫刻が施してあり、塗り分ける気満々だった訳ですが、いろいろご指摘もあり掘りなそすことにしました。
なぜ嫌気がさしていたかと言うと、球面に正確なスジを掘る自信が無かったのです^^;
テープを切り抜いても球面に貼ることは不可能。
ひとつの方法は思いついていたんですが、「めんどくさい」という気持ちがそれに勝ってしまうという、相変わらずの無精者・・・・(く~~
取りあえず動かないと何も始まらないとの事でやってみましたが、これがまた以外に簡単^^;
「急がばまわれ」とはよく言ったものです^^

で、方法とは。
kog127.jpg
このようにバキューフォームで型取りして、紋章をくり抜いてガイドを製作する事でした。
やる前って、めんどくさく感じません?^^;
しかも左右で2ヶ作成しなければいけませんので。
ま、やってしまえば大したこと無いので、ぜひお試しあれ~

kog128.jpg
ガイドができればこのようにはめ込んで後は掘るだけ^^

kog129.jpg
若干の修正は必要でしたが、球面に曲線を掘るのはこの方法しかないかなと^^;

バストアップ
kog130.jpg
谷さんは城をイメージしてこの肩を製作したと言われています。
私にはさっぱり分かりませんが、これが天才と凡人の差なんでしょうね^^;
肩アーマーは、胸部に合わせて前後で3mm幅詰めしています。
バランスとしてはまずまずと思います^^;

kog131.jpg
サイドから。
情報量を増やすため、肩の側面を形成するパーツはノーマルのラインで切り離し、重ね合わせるようにして面を増やしています。
・・・やっぱり城には見えない^^;

弓ですが、塗装の合間に製作し、間に合えばホビーショウへ持っていきます^^;
本体が間に合うかどうかの瀬戸際ですのでご了承を^^;

さてこれから捨てサフ→表面処理→塗装へと進めて行きます。
気が向いたら・・てか時間があったら途中画像アップしますね^^;

スポンサーサイト

KOG製作記(腕その4)

一部表示されない事からテンプレ変えてみました^^。
私に合う爽やかなイメージにしてみましたが、いかがでしょうか?
今までは画像が映える、という点から背景を黒にしていましたが、白もいいですね~

さてKOGですが、昨日は中途半端な画像で失礼しました^^;
今回はいきなり全体像からです。
kog120.jpg

kog119.jpg
え~・・・と、何をどうやったかはあえて言いませんが、てかいろいろあり過ぎて言えませんが、とりあえず頑張った自分を褒めてあげたいです^^;

スタイルは、肩アーマーが無いので、一見するとなで肩ですね^^;
取り付ける前は、前腕のボリュームあり過ぎかな?とも思っていましたが、バランスとしては悪くないようです^^
kog121.jpg
ブリーフバインダーと肩アーマーが干渉する為、おそらく肘を伸ばした状態でのポージングは不可です^^;
完成時はもう少し肘を曲げないとダメでしょうね。
そう言えばVer3.0って、弓を持ったポーズばかりなのでこういった事は問題にならなかったのでしょうね^^
どういったポージングで撮影するか、今から悩んでいます^^;

kog123.jpg
kog125.jpg
肘のディテールは可動を殺さないように考えて追加しましたが、やっぱりガンダムチック^^;
もう少し曲線を多くしないといけないんでしょうが、私には・・・・無理ですorz

kog122.jpg
前腕フレームから肘にかけてのディテールです。
明らかにスキルが足りませんね^^;
大体FSSを全く知らない人間がチャレンジする事自体が間違ってます!
各種マテリアルの使い方がよく分かって、大分プラスになったと思いますが、次回からは気をつけます^^;

kog126.jpg
キット同様90度曲がります。
なので弓を持たせることももちろん可能。
・・・・弓、作らないとorz

本体で残す工作は肩アーマー。
これもスクラッチ+改修で、すんなり行きそうにありません^^;

HiQpartsさん新作情報と、KOG^^;

いや~、早朝モデリングにはまさにベストシーズンの到来ですね^^
窓を開け、目覚ましテレビを見ながらのモデリングは気持ちいいですよ~

さて、モニターをさせていただいているHiQpartsさんより新作が届きました^^
今回も便利なグッズのオンパレード!

1.ミラージュデカール 567円(10×12cm)
hiqparts25.jpg

 裏面にノリがついておりますので切り出してそのまま貼ってOK
こちらはオーロラフィルムのような模様が無いタイプです。
薄さは0.02mm!!
どこにでも貼れますね~^^

てか「ミラージュ」っていう単語に過剰に反応してしまう私はFSSにかなり汚染されています^^;

2.センサー用メタリックシール 609mm
hiqparts23.jpg
 単なるメタリックシールではありませんよ~
反射率が通常のものとは段違い、に加えて親切にもカッティング済みなのです。
形状や大きさも様々で、これは使いやすそうですね~
hiqparts24.jpg
カットの種類はこのようになっています^^

3.メカスカンクシングルバルカン 1mm&2mm 値段は・・・?^^;
 hiqparts22.jpg
hiqparts21.jpg
とりあえず精度抜群で小さい!
写真を撮ってはじめて形状が確認できるくらいです^^
どうやったらこんなの出来るんでしょうね?^^;

以上の商品に対する問い合わせはHiQpartsさんまで

KOGは少なめで。

続きを読む

KOG製作記(腕その3)

私は相変わらず忙しい日々をおくらせて頂いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
とりあえず、
現実逃避
したいです^^;
若干生き急いでいる感があるんですが、何とかすべて間に合うよう頑張っています^^;

KOGはここへ来て牛歩の予感・・
大丈夫なのか?
十分な作業時間が確保できない上、工作も完全に私のスキル以上を要求される内容です(ヒ~
まずは見て頂きましょう。
kog117.jpg
kog116.jpg
kog115.jpg
元キットの使用率0です^^;
頑張って造形しましたが、なぜかMSっぽくなってしまうんですね~
スケール、他のパーツとの兼ね合いもありますし、私にはここらが限界です^^;
白がプラ版、肌色がエポパテ、灰色が市販のディテupパーツ、茶色の手首がR3MkⅡです。

手首をMkⅡから流用すると予測していた方も多いとは思いますが、これホントに市販されててよかった~^^;
キットの手首は「ん?」てな感じですし、この何とも言い難い柔らかな感じはとてもスクラッチできませんっ。

今週で前腕は終了します・・・いや、させます^^;
てか、時間をくれ~~

KOG製作記(腕その2)

5月終わりまでは仕事関係が忙しそうです^^;
仕事と言っても、雑誌からの依頼原稿というのを2つ抱えておりまして、ひとつは5月1日、もうひとつは5月22日が締め切りと言うことでお尻に火がボーボー。
KOGもあるし、大丈夫なの?^^;

こんな感じで焦っておりまして、久しぶりにカッターでスパっとやってしまいました。
切れない刃は早めに変えないといけないですね^^;
魚を3枚におろすように、爪の根元からサックリ・・・
流血がひどかったので「いかん!作業場が汚れる!(そこか?!)」、ととっさに目の前にあった黒い瞬着で止血・・・・これでも一応医療従事者なわけです^^;
指はすごい状態になりましたね^^;
その後は拍動性の激痛に襲われ作業はできず・・・・
う~ん、嫌な予感がします。

私が怪我をした原因がこれらです。
kog113.jpg
前腕へ取り付ける各種パーツです。
ノーマルが使えないのはお約束。
なのでプラ版からスクラッチしました。

kog114.jpg
取り付けるとこのようになります^^
MSにも流用できそうなディテですね♪

現在は前腕のフレームをスクラッチ中。
はい、またスクラッチですorz
来週には前腕をお見せできそうです・・・てか出来てないと間に合わん!

KOG製作記(腕その1)

友人との花見第2弾も無事終了しました^^
花見と言っても、ほとんど散っていましたが何と言っても昼間から飲めるのは最高ですね^^
しこたま飲んできました^^;
次は歓送迎会ですね~(オイ

さてさてKOGですが、お尻に火が付いています^^;
現在は腕の工作中ですが、まずは肩関節からです。

kog109.jpg
R3エルガイムMkⅡを加工して使用します。
もちろんそのまま使えれば楽なんですが、そんな訳にもいきません^^;
関節部には蛇腹を模したディテールを制作しました。
エポパテからの削りだしって、いろいろ抵抗がありあまりしなかったんですが、今回でその抵抗もなくなりました^^;
精度がどうと言う事ではなく、度胸が着きましたね~
で、上腕との軸の位置が気に入らなかったため微調整しています。
正確には内側へ3mm、上方へ4mmです^^

kog110.jpg
本体へ取り付けるとこの様になります。

kog111.jpg
kog112.jpg
クリアランスがギリギリですね^^;
この辺りは再度調整しますが、あまり隙間があってもおかしいので難しい所です。

今思えば、ハイヒール化が一番楽でしたね^^;
逆に言えば足からはじめて良かったかも。

しかし・・4月中に工作終了しないと絶対間に合いませんね^^;

KOG製作記(両肩のダクト?^^;)

今週になって急に暖かくなってきましたね~
早朝モデラーの私にとっては短いベストシーズン到来です^^

KOGは難産が予想される腕に取り掛かろうと思いましたが、ひとつのパーツを忘れてましたorz
両肩に配されるダクトとスタビライザーを支持するこれまた意味がよく分からないパーツ^^;
これこそはノーマルでいけそうだったので簡単な改修で済ませました。
kog105.jpg
頭部とのクリアランスが不安でしたが、何とか収まりました^^;

kog106.jpg
スタビライザーの支持体は、ノーマルは下への角度が強すぎであったため背部の様々なパーツと角度を合わせるべく調整しました。

kog107.jpg
ダクト内部のフィンは0.2mmプラ版を使いたかったんですが、ノーマルの「溝が沿ってある」というイメージに近づけたかったため0.5mmで制作しました。

で、後ろ顔。
kog108.jpg
単行本では複雑な造形なんですが、このスケールでの再現はムリ!
なので、人を小馬鹿にしたイメージで制作しましたww

これでやっと腕に移れそうです^^;
まだイメージが全然わかなくて困ってますが、ぼち頑張ります^^
間に合うのか?静岡?!

あ、そうそう。
皆さんはモデサミにエントリーしました?
私は・・・・・

続きを読む

花見(第1弾)とKOG製作記(頭部)

今日は画像多いです^^;

昨日は家族3人で花見に行って参りました^^
場所は墨俣の「一夜城」。
知ってる人は知っている桜の名所です。
毎年多くの人が訪れるのですが、今年は土曜が雨であったため日曜は有り得ないほど混雑しておりました^^;

sakura1.jpg
桜の「ピンク」、城の「白」、空の「青」のコントラストが綺麗ですね~
ガンプラでも彩度を落とし目で塗装する私にはとても心地よい色合いでした^^

が。
風が強い~(汗
sakura2.jpg
垂らしてある幕はあらゆる所で横を向いておりました^^;

sakura3.jpg
お陰で桜を近くで撮るのは大変!
風がやんだ一瞬を逃さずパチリ。
何枚か撮りましたが、残せる画像は僅かでしたね^^;

sakura4.jpg
娘とのツーショット^^
私の顔はぼかしが入ってますが、娘の目をそのまま持ってくると私の顔になります^^;
来週は友人と花見がてらバーベキューです^^

ではではKOGに行ってみましょう。
今回はフェイスも含めた頭部です。
今までこの製作記を楽しみにして頂いた方も、頭部の出来によっては離れてしまうだろうという重要な部分です。
とは言っても所詮はMHの初心者が作るものですから、その辺りは広い心を持ってご覧下さい(汗

kog102.jpg
改修(左)、ノーマル(右)
画面で確認される個所をほぼスクラッチです^^
何が大変かと言ったらすべてなんですが、特に横髪風のパーツの造形
には苦労しました。
すべてが緩やかな局面で構成されているため、形状はもちろんこの湾曲の強さも左右で合わせなくてはなりません。
熱して、「ムギュ」っと強引に曲げても微調整やらシンメトリーやら問題が出て来そうだったので、ある方法を用いました。
方法については解説すると長くなりそうなので割愛します^^;
ま、皆さん知ってると思いますし^^

kog101.jpg
横顔。
頭部横のエポパテは、側頭部のへこみを埋めるためのものです。
このへこみがある事で、正面から見た場合におでこが間延びするんです^^;
簡単埋めたと言っても、それによる追加工作(スジやらディテやら)は大変でした。

kog100.jpg
顎をグッっと引いて、MHらしくなったと思いません?^^;
ノーマルの気になる首周りの隙間は、作例ではエネルギーチューブで埋めています。

kog96.jpg
後ろのエネルギーチーブは背中の装甲で隠れるまで伸びています。

後顔はまだ作っていませんが、こんな感じで頭部はいきます^^
最後に全体像。

kog97.jpg
足開きすぎですね^^;
この辺りを簡単に修正できるのはインジェクションキットとしての最大のメリットですね^^

kog98.jpg
横から。
独自のラインですが、ようやく今までの改修結果が目で見てわかるようになりましたね^^;
ノーマルのおもちゃっぽさ(安っぽさ)が消えてきたのではないでしょうか。

kog104.jpg
下からのあおり。
まずまず・・・だと思います^^;
これで全長が決まりましたので、腕の工作にかかります。
どー考えてもノーマルの腕は長いですもんね^^;

てな事で頑張ります^^

KOG製作記(フェイス)

ログインできないぞ、FC2!
朝から仕事の合間を見ては試みたんですが、ようやくログインできました^^;

桜は今週末が見ごろですかね~
家族とは今週、友人とは来週末と、花見が続きます^^
暖かいといいですね~

さてKOGです。
細かい作業が続いて肩が限界です^^;
こういう点では「年」というものを受け入れなくてはいけませんね。
あー、やだやだ。
kog95.jpg
と言うことで本日はこの1枚^^;
え~・・と、かなり苦戦しています。
てかMHって、顔小さすぎ。
しかも造形複雑すぎ。
・・・・でもかっこいい・・・
KOGで学んだことが、果たしてガンプラで生かすことが出来るのかどうか・・・^^;

で、フェイスですが、マスクとの2重構造です。
マスクはプラ版からの箱組、中のフェイスはエポ塊から削りだして製作しました。
ちなみに、マスクから覗く目、その周囲のディテールも作っていますが・・見えませんね^^;
工作としてはもう少し進んでいますが、これに関しては来週のお楽しみ~(誰が?

HiQPARTSさんの新作とKOG

またまたHiQpartsさんからニューアイテムが届きました^^
hiqparts18.jpg
すでに発売中のデカールのニューカラー(オレンジ)です^^

hiqparts19.jpg
相変わらずの高精度です^^

hiqparts20.jpg
お馴染みの取り説つき♪
赤ではなぁ~・・と言う場合にドンピシャリではないでしょうか?^^
ぜひ持っておきたいアイテムですね~

ではKOGです。
本日は腰周りでございます~
kog89.jpg
って、わかります?^^;
Rアーマーに段上げ加工を施しました。
あとは一部にプラ版で羽(?)を追加しました^^

kog90.jpg
尾状の突起物の形状変更しました。
ま、最近のGKっぽくしています^^;
ちなみにバスターランチャーも取り付け可能です。

kog91.jpg
kog92.jpg
アーマー裏のディテはRアーマーの見える箇所のみ作っています^^;
てか見える所のみでいっぱいいっぱいです(汗

kog93.jpg
で、胴回りにもディテを追加。
デザインはどこなくガンダムチックなのはご愛嬌^^;

kog94.jpg
こんな感じで下半身の工作は終了です^^

さてさて意識を上半身に戻して作業しておりますが、これがまた大変なんです~

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。