スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PGダブルオーガンダムレビュー(頭部編)

最近はめっきり暖かくなりましたね。
早朝の工作時間を20分早起きして延長しましたw
今週末の天気が良かったらタイヤ交換ですね^^

さて、ダブルオーガンダムのレビューですが、今回は頭部編です。
まずは正面から。
oraizer77.jpg
う~ん、違和感を感じられません^^;
できれば、「ココがおかしい」的な箇所があればうれしかったw
強いて言えば口の形状くらいでしょうか。

oraizer78.jpg
oraizer79.jpg
oraizer80.jpg
oraizer81.jpg
粗探しのために多方向から撮影してみましたが、なかなかどうして・・・かっこいいじゃないですか?
そうそう、頭部には発光ギミックが採用されていますが、ツインアイの発光は要らないかな~と、思っています。
目は常にキラキラしていてほしいので、やはりテープで処理するでしょうね~

oraizer96.jpg
いや~、男前です^^

レビューは残り腕、バックパック(GNドライブ)の2種類。
工作は下肢から進めておりますので、こちらの紹介はレビューの後になります。

スポンサーサイト

HiQpartsさん、新作情報

え~、またまたHiQpartsさんから新商品が届きました。
前回に引き続いて新作のバルカンと巨大なバーニアです^^

1.Gテンプル-ツインバルカン 2.0mm(15セット入)税込1050円
hhiiq6.jpg
当たり前のように2重構造です。
しかも、2mmφの外筒にはスリットやらホールやらのディテールが確認されます。
う~ん・・・・・恐ろしいい^^;
hhiiq5.jpg
このような状態での取り付けとなります^^

2.Gテンプル-T14バーニア 18mm フラットタイプ(2セット入)税込1155円
外筒18mmの巨大なフラットタイプのバーニアです、
hhiiq1.jpg
このようなパーッケージングですが、一体どれだけのパーツから構成されるんでしょうか^^;
hhiiq2.jpg
3重構造のメインバーニアの中に、これまた3重構造のサブバーニアが4基って、一体どうなってるの?って感じですが^^;

hhiiq3.jpg
hhiiq4.jpg
組みあげるとこのようになりますが、ジオングくらいに使うとベストではないでしょうか^^
情報量は半端ないです(汗

以上の商品についてのお問い合わせはHiQpartsさんまで

さて、あすはPGダブルオーガンダムのレビュー(頭部編)です^^

PGダブルオー(胸部レビュー)

少し前、PCの調子が悪いという事で、マザーボードやら電源やら交換させてもらいました~てな報告をしましたが、再度同じ現象が・・・・
もはや電源を入れても画面は真っ黒で左上にカーソルが点滅しているのみ。
知り合いに電源を手配してもらっている所ですが、ひょっとするともう少し深刻な状況かもしれません。
カスタムメイドのPCって、使用状況にもよりますが寿命はどんなもんでしょうね?^^;
う~ん、どうせならPCを更新、でなはく追加したい所です。
何とか持ち直してほしいな~

と、いうわけでこのようにブログの更新や閲覧は職場でしかできす、レスポンスも遅れがちですが温かく見守って下さいw

さてPGダブルオーのレビューは胸部編です。
oraizer83.jpg
いきなりの拡大画像ですが、正面を取り忘れました orz
で、これを撮影した理由は、「このディテール良くないです?」が言いたくて^^
さすがはPG!という造形が随所に見られます。

oraizer84.jpg
oraizer85.jpg
前屈、後屈もこのようにこなします^^
oraizer82.jpg
ちなみに胸部装甲はこのように開きます。
この動きについては意味不明ですw
なんか無理やり追加したギミックにも思えますねw

次は頭部編です^^

PGダブルオー(股間部レビュー)

昨日は当直明けで家電量販店のマッサージチェアを回るツアーに行ってきましたw
いや~、値段相応と言いますか、高いのは良いですね~
かゆい所に届くというか、「そこっ」と言った個所を丁寧に攻めてくれます。
我々モデラーにとって肩凝りは回避できないストレスです。
いつかは欲しいな~などと思ったりしましたが、40万はさすがに高いですw
安いのは買うだけ無駄ですから、たまに行く店でのお試しで我慢する事にします^^;

さ、ダブルオーを進めて行きましょうw
今日は股間部のレビューです。
oraizer92.jpg
これでもフレームを構成するパーツはかなり多いのですが、他に比べると組み立ては容易です^^
デザインも見てお分かりと思いますが、非常に凝っています。
アーマーの一つを取って見ても、面の構成が面白いですね^^

oraizer91.jpg
フロント、サイドのアーマーもこのように可動しますので、ポージングの際は一助となるでしょう。
oraizer90.jpg
サイドアーマーはフレームから可動します。
もちろん単体での可動も可能です。

oraizer86.jpg
フロント、リアのブロックも可動します。
足を動かしてみましたが、アーマーやブロックに可動を阻害されるという事は皆無で、間違いなく私よりよく動きますw

oraizer88.jpg
oraizer89.jpg
股間軸も変更できます。
ロック機構がしっかりしていますので、下肢の重さを余裕で受け止めます^^
ロックのon/offの際に塗装はハゲます(キッパリ)ので、この部分のみトップコートで仕上げるのも有りかと思います。

oraizer87.jpg
サイドアーマー裏
デザイン性に優れ、外装と別パーツですので塗装も楽です^^
ここはチラ見えする箇所なのでこう言った所は有りがたいですね。

と、言う感じで股間部をレビューしてみました。
ぶっちゃけその他の部分は今までと重複する箇所も多いのでそれほど書く事はありませんが、一応シリーズでお伝えするつもりですのでお楽しみにw

パチり出しました^^

追加武装、専用スタンドが仕上がり、いよいよ本体へと介入です。

いや~、長かったw
残りの作業はダブルオー本体のみだと思うとテンションも上がりますね^^
大きな改修はせず、ディテールアップと基本工作をしっかり行う事でかなりの作例になりそうな予感。
それくらいの要素を持ったキットだと思います。
あと、散々愚痴ってきて言うのも何ですが、意外と組みやすいのに驚いています。
パチるだけなら本当にストレスは皆無。
ビックスケールという事も手伝って、あれだけのギミックやディテールを有しながら一つ一つのパーツがある程度の大きさを持っています。
ま、大きすぎるパーツもあるんですがw
最近ではアマゾンでも安く購入できるみたいなんで(チッ)、一度組んでみると楽しいかもしれません^^

では、今後数回に分けて各部を紹介していこうと思います。
今回は「足」です。

oraizer64.jpg
このように、人間の末節骨、中足骨、踵骨が各々稼働するようにフレキシブルに地面を追従します。
その割に足首の可動域は結構制限されたりしますw

oraizer63.jpg
大腿部、下腿部のフレームです。
かなりのパーツ数から構成されていますし、一つの可動に伴うパーツの連動も良く考えられています。
強いて言うならば・・・・・んじゃ、塗装はどうするの?w
クリアランスを適切に確保し、それぞれ担う役割別に塗り分けようと思っています。
そうそう、スタイルの変更は下肢のみに行う予定です。
おそらく3mm程の延長となりそうです^^

oraizer101.jpg
取りあえずいろいろ可動しますw
少し疲れてきましたが、まだまだ続きます。

oraizer100.jpg
今回の目玉パーツである「関節クラッチ」
肩、肘、手首と膝に導入され、より「固定」する事を確実なものにしています。
意外に少数パーツで構成され、強度も十分です。

oraizer99.jpg
はめ込んでみました。
関節に命が吹き込まれたようで、何気にうれしくなってしまいます^^;

oraizer98.jpg
可動の際はこのようにクラッチを押し込みながら行います。
手を離せばそこでかっちり固定されるという仕組みです。
クラッチを押さずに無理やり稼働すると、おそらく内部のギアは破損してしまうでしょうね^^;

oraizer67.jpg
と、いう事で下肢を紹介しました。
次回はもう少し簡単に説明しますね^^;

HiQpartsさん、新作情報

またまたHiQpartsさんより使い勝手が良さそうなアイテムが届きました^^
アクティブですよね~

・部隊章デカールNo.1 ウォーターサイド 税込850円
D0055.jpg
これは今後の展開が非常に楽しみなアイテムであります。
最近はこういった優れたデカールが数多くリリースされるおかげで、私のMDプリンターの出番が全くありませんw
オリジナルMSのトレードマークに使えそうですね!

・Model up メタルパイプ(ブラックメッキ版 20個入り) 各1016円
D0056.jpg
3.0mm、4.0mm、5.8mmが今回リリースされるという事です。
メッキ加工済みですので、そのまま使っても良し、艶を変えても良し。
もともと多くのユーザーが愛用しているアイテムですから、その精度や用途の広さも折り紙つきです。
D0057.jpg
小さくても加工に手を抜かれていないのが分かると思います。
こういったパーツを見るとザク系MSが作りたくなりますね^^

以上の商品に関するお問い合わせはHiQpartsさんまで

PGダブルオーライザーはもうすぐ本体の工作を本格的にはじめられそうです^^
さすがに1/60だけあって、凝った作りですよ~
できるだけ紹介するようにしますね^^

PGオーライザーの追加武装

先々週末は神戸、今週末は横浜と出張が続きます。
出張に伴う準備もそれなりに大変なわけで、なかなか作業ができずフラストレーションも溜まります^^;

さて今回は「ぶっちゃけ無くて良くない?」てな感じのパーツ群を処理しましたw
オーライザーの追加武装です。
oraizer52.jpg
oraizer53.jpg
特に改修が必要というわけでもなく、黙々と表面やエッジ、モールドの彫りなおし等の基本工作をこなしました。

oraizer54.jpg
このパーツはパックリモナカなので合わせ目消しが必要でした。

oraizer55.jpg
驚くなかれこのパーツ群もモナカ割れですので処理が必要です。
え~・・・と、何個あったんだろ?
12個・・・ですかね^^;
PGなのでもう少し考えられなかったんでしょうか。

で、サフを吹いてみました。
oraizer62.jpg
追加武装だけでこのパーツ数って・・・・orz
改めて見ると簡単なHG超えているような^^;

そうそう、こんなのもありました。
oraizer56.jpg
数に圧倒された後は大きさにトドメを刺されましたw
普段はキット付属のスタンドなんて塗装しないんですが、もはや意地以外の何物でもありませんw

HiQpartsさん、新作情報

2月中旬に発売予定の商品が届きました。
いや~、HiQpartsさんもアクティブですね^^

HDバルカン1.8mm(2セット入) 税込840円
hiqparts77.jpg
外筒、内筒セットです。
内筒は真鍮製ですので、塗装かコートして使用した方が良いと思います^^
で、圧巻は外筒のディテール。
すごいですね^^;
hiqparts74.jpg
セットするとこのようになります。
お勧めは1/100スケールです^^

シングルバルカンブラック 1.3mm・1.5mm(20個入) 税込925円
hiqparts75.jpg
hiqparts76.jpg
ブラックメッキが施してありますので、シルバーのままでは浮いてしまうな~、と感じる場合に使用しましょう^^
1/144は1.3mm、1/100は1.5mmと使い分けられますね^^
hiqparts73.jpg
左が1.5mm、右が1.3mmですが、ディテールが若干異なるのがお分かりでしょうか?
とても細かなパーツなので、撮影して初めてディテールが確認できましたw

サードスパイク ノーマル・ロング(3セット入) 税込945円
すでに発売中との事です^^
いずれも3パーツ構成で、MSに合わせて選択可能です。
もはやザク系MSには必要不可欠なパーツとなっていますが、こういったシンプルなデザインが一番使いやすいですね^^
hiqparts79.jpg
ノーマルタイプ

hiqparts80.jpg
ロングタイプ

hiqparts78.jpg
両者比較。
それぞれのパーツがカッチリはまり込み、非常に高精度です^^

以上のパーツに関するお問い合わせはHiQpartsさんまで

武器類だけでも結構大変

おはようございます^^

先週末は寒かったですね~
伊勢神宮への参拝を予定していましたが、土曜日は積雪10cmという事で却下。
日曜日も家ダラと、体には優しいのですが、非常に勿体無い時間を過ごしてしまいましたw

それでも模型の方はというと、撮影環境の改善、武器(ダブルオー)の仕上げ等、少ない時間ですが着々と進めておりました^^
oraizer60.jpg
いや~、でっかいww
SFCは隠ぺい力が無いから、このように広い面積を均一に塗装するのが大変。
下手に厚塗りするとエッジも消えてしまうし、エアーの圧やハンドピースのトリガーを微調整しながら吹かなければならず、塗装後はしばらく指が固まってましたw
oraizer58.jpg
塗装面はこんな感じです^^

oraizer61.jpg
GNソードⅡ
合わせ目は徹底的に消してますので、塗装の際は苦労しました^^;
oraizer59.jpg
しかし、でっかいです(2度目w

GNソードⅢは微調整中です^^;
その後はオーライザーの追加武装にかかります。
本体はまだまだ遠い・・・・

HIQPARTSさん、新作情報

いや~、ネタがないw
ただでさえ模型に費やす時間が少ないという事に加え、現在塗装中・・・・
しばらくはこんな感じになりそうです^^;

さて、HiQpartsさんから期待の新作が届きました^^
1.SPプレート1.0mm・1.5mm・2.0mm(各6個入) 税込540円
hiqparts70.jpg
このサイズで驚きの精度!
1.0mmなんて、裏表逆で撮影してしまうくらい小さいですw
しかも側面にはスリット入り。
これは接着するのに相当な技術を要しそうですね~
一体どのサイズまで造形が可能なのでしょうか?
カーモデルにも流用できそうですね^^

2.メタルシリンダーセットS・M・K(4セット入) 税込924円(予)
hiqparts69.jpg
3パーツ構成です。
サイズも3種類と豊富なんですが、ハウジング・シリンダーともに長さ調整が可能ですので、様々なケースに対応できそうですね^^
こういったパーツではデザインも凝っていますので、チラ見せにはもったいないくらいw

3.セラミックタガネ0.1mm(1本入) 税込700円(予)
hiqparts71.jpg
画像はタミヤ製のデザインナイフに仕込んだ状態です。
素材がセラミックというだけあって取扱いには注意が必要ですが、スジ彫りツールとしては価格破壊ですね^^;
これで切れ味良好ときたら使うしかないでしょ!ってことで試してみました。
hiqparts72.jpg
画像上が今回のセラミックタガネ、下がスジ彫り堂さんのタガネ(0.15mm)です。
スジ彫り堂さんのタガネは、その切れ味も素晴らしく、多くの一流モデラーに愛用されています。
セラミックタガネはそれに負けず劣らずの切れ味で、少し加重しつつガイドに沿ってなぞれば彫れていきます。
その形状から、おそらく直線のスジを彫るのは最強といっても過言ではないくらい。
曲線に関してはタガネに分があるかもしれません。
これからモールドをガンガン彫りたいけど「タガネは高価だしな~」なんて思っている方には絶好のアイテムだと思いますよ^^
一度おためしあれ♪
販売後はおそらく瞬殺が予想されますので、随時チェックしておいて下さいね^^;

HiQPARTSさんのHPはこちらです。

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。