スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい通勤の足

週末は2日間とも研究会へ出席したため、原稿は全く出来ませんでした・・・orz
しかし、本日は当直業務のため、夜中中に仕上げて明日・明後日には上司に提出しようと思っています。

前回言われた「考察は文献を読み、文献的な観点から述べないとダメ!」って。
しかも最新の情報は海外文献しかありません。
EXITEを駆使するも、ああいった翻訳ソフトは全くあてになりませんので、ここはフワ~っと理解しなが文章を作成していこうと思いますw
ま、大体でいいですよね、大体でww

さて、皆さんは出勤の手段は何ですか?
私は職場まで4キロ程ですので、自転車で通っています^^
ウチの職場は車通勤が圧倒的に多いのですが、最近は職員でも駐車場の確保が難しいらしく、各自有料駐車場を借りているのが現状です。
それに比べ自転車は雨の日以外は快適。
通勤時間は10分程度で済みます^^
が、いかんせん見た目に拘る私が4年間不満を抱えていたのは自転車。
実家にいる頃に購入したんですが、安物買いの銭失い、ってやつで、乗ってても面白くないわ、カッコ悪いわでず~っと買い換えたいと思っていました。
サドルも裂けたし、変速も聞かなくなったし、恐る恐る「自転車買って」と奥さんに申し出たら難なくOK。
拍子抜けしてしまいましたが、ルンルンで自転車選びをはじめました^^
興味がありながらもあえて避けていた自転車に関わるサイトを閲覧して、自分のスタイルに合ったジャンルを決定したら、次は自転車です。
1ヵ月ほど悩んだ挙句にようやく決まりましたが、なんと在庫が無い!
しかし、簡単に買い替えられるものではありませんから、ショップに問い合わせる日々が続いておりました。
が、ついに納車!
もう、嬉しくて嬉しくて、土曜日は研究会前に10キロほど走ってきました。

by1.jpg
4年間乗ってきた自転車がこれ。
雨の日はまだまだこれで通勤しますが、取りあえず今までありがとう。

by2.jpg
こんなになるまで、よく使った方だと思いません?^^;
かごに入れるカバンはサビで汚れてしまいます。

by3.jpg
で、新しく買った自転車です。
ビアンキ カメレオンテ3というフラットバーロードというカテゴリーに属するバイクです。
通勤だけではもったいないので、いずれは奥さんとツーリングに行きたいなと^^

by4.jpg
by5.jpg
by6.jpg
カラーはビアンキのメーカー色である「チェレステ」
青とも緑とも取り難い明るく不思議な色合いです^^

by7.jpg
低価格モデルながらカーボンフォークを採用。

by.jpg
変速は3×8の24段。
直線で飛ばしてみましたが、ママチャリでは未知の領域でした^^;

by9.jpg
サドルは非常に薄い作りですが、見た目とは違って乗り心地は柔らかいです。

5月からこれで通勤する予定です^^
楽しみだな~

さ、現実逃避はこれくらいにw
いろいろ頑張らねば。

スポンサーサイト

HiQppartsさん、新作情報

HiQpartsさんより新作が届きました。
もう~、ザク作りたくなっちゃでしょwっていうパーツが続いており、その他さまざまな葛藤と戦いの日々が続いておりますww
で、今回もザクにドンピシャなパーツですw
1.SPプレート 2.5mm用
hhhi4.jpg
ね、Fザクのモノアイにバッチリでしょ?^^

hhhi5.jpg
プレート6個に各色のHアイズが付属します。

hhhi3.jpg
もちろん精度も問題なしです^^

2.サ-ドスパイク(ロング)
hhhi6.jpg
ジョニザク作りたい~~~ってなるパーツでしょ?w
この手のパーツは数多くリリースされていますので、価格やディテールの好みで使い分ければ良いですね^^

hhhi7.jpg
3パーツで構成されていますが、非常にすっきりしたデザインなので使いやすいと思います^^

3.MODEL UP製極小パイプ(仮名)
すみません。
いつもは商品名や価格等の説明文が同封されて来るんですが、今回はパーツのみであったため詳細が不明です^^;
発売後にHiQpartsさんのHPで確認して下さいね m(_ _)m
hhhi8.jpg
とりあえず、ちっさいですw

hhhi9.jpg
1mm径の1.5mm長でしょうか?
使い手を選びそうなパーツですが、精度が高いのでぜひ使ってみたいですね^^

以上のパーツに関わるお問い合わせはHiQpartsさんまで

さて、模型はというと小休止中。
とは言っても全くやらずでは間に合いそうもありませんので、奥さんが子供を寝かしつけり間だけコツコツ進めています。
まるっと4ヵ月経ちましたが、まだまだ未処理なパーツが多いのが現実・・・
改めてPGの凄さ・・・・いや、PGに手を出した事を激しく後悔しつつ、5月のスパートにかけますw

すべては最後の組み上げ時に、今まで感じた事がない達成感を感じるために。

PGOOガンダム工作編(腕)

う~~む。
本職の方で忙しくなりそうな予感・・
と言うか、以前記事にも書きましたが4月締切の原稿で、今回の企画に対する私と上司の考えが大きく乖離しており、上司から「ほぼ書き直し」との宣告を受けました(涙
上司はただ今海外論文を提出中で、そのレヴュアーとのやり取りに四苦八苦。
それに嫌気が刺しているんでしょうが、それと私の原稿は目的もスタイルも全く違う訳ですから、柔軟に対応してほしいものです。
しかしこればっかりは雑誌社が良いと言っても上司からGOサインが出ない事にはどうしようもならず、結局は書き直すはめになったわけです orz
結構な文字数ですが、ここは割り切って4月は原稿に集中しようと思います。
原稿料なんて、ほんっとに大した事ないのに何でこんな苦労しないといけないの?って感じです^^;

さて、愚痴から始まってしまいましたがダブルオー、行ってみましょう^^

ooude5.jpg
足ほどではありませんが、それでも最新PGと言うだけあって構成するパーツ数は規格外ですw
特にフレームパーツはそれぞれ可動に関して意味を持っている所が凄い。

ooude6.jpg
可動による塗装剥げチェック。
クリアランスの調整が功を奏し、このように180度曲げても干渉による塗装の剥げはありません。

ooude2.jpg
外装こそ単純な作り・・・・のように見えますが、非常にヤスリを入れにくい形状をしており、「ココもか!」とモデラーへの挑戦的な態度は手を緩めてはくれませんw

ooude1.jpg
別角度。
可動の軸となるパーツ、それを覆うパーツと一定の定義の元にフレームは塗り分けてます。

ooude3.jpg
ちらりと覗く内部フレームは、非常に面倒くさいのですが丁寧に塗り分けましたw
MGなら見事にスルーの工程ですww

ooude4.jpg
肩上部は、挟み込みの構造の為合わせ目が発生します。
プラ版でディテールを製作・追加する事で合わせ目加工をしました。

ooude7.jpg
後回しになったダブルオーの動力源ww
色彩、艶を多彩にする事で質感が上昇したような気がします^^

このまま胸部の工作をしたい所ですが、前記の理由の為約2週間は本職に集中します。
5月から再開して、ホビーショウまで2週間。
仕事も模型も頑張るしかないですね^^;

HiQpartsさん、新作情報

さてさて、HiQpartsさんから新作が届きました^^
サードパイクMINI(3セット入り) 税込840円
ただ今絶賛品切れ中のHG Fザクにぴったりのアイテムですよ^^
hhhi2.jpg
小さなパーツなのですが、しっかり2部構成で、精度も抜群。
このくらい小さなパーツで、しかも円錐と言う事になれば加工も大変ですが、これさえあればノーマルと取り換えるだけでOKですね^^

hhhi1.jpg
Fザク、作りたくなりますね~~

商品に関するお問い合わせはHiQpartsさんまで。

00ガンダムは腕の仕上げまで終了し、胸部・胴体の工作中です。
明日には腕をお見せできると思います^^

PGOOガンダム工作編(バックパック大体完成w)

そんなこんなで塗装にも苦労しながら進めていますPGOOもバックパックが大方完成し、残る工作は腕と胴体と頭部となりました。
・・・・ていうか、まだそんなにあるのねorz
それでも腕は整面こそ大変ですが、それほど新たな工作は必要ないだろうし、どうでしょ?
何とか間に合いそうじゃないです?
楽観的?w

残り1ヵ月、何とか完全体を会場でお見せできるよう頑張ります。
それにしても悲観的なのか、前進的なのか自分の精神状態がよくわかりませんw

さて、本日はバックパックのお披露目です。
00back3.jpg
これまた中途半端な画像サイズですw

00back2.jpg構成する面の数が半端ないでしょ?
加えてスジ、切り抜き等でさらに情報量を増やしています。

00back4.jpg
バーニアの解釈も通常より変更しました。
ノーマルの形状からは、今までの様な中央が空洞でもよかったかも知れませんね^^;

00back5.jpg
ooback1.jpg
GNドライブ格納部。
こちらもディテールアップ。

・・・・GNドライブは?


00back6.jpg
忘れてたw

ここまでやる?それとも下地を考え直す?

前回の記事でSFCは難しい~、てな話をしましたが在庫が5本くらいある私はどうしてもこの色を使いこなさなければいけませんw
隠ぺい力が乏しいので、通常の塗料より濃い目に調色して吹いてますが、それでも下地を真っ白にしてから5回は重ね吹きしないと発色しません。
純粋にSFCで発色させようとしての下地が「白」なわけですが、今後はhiroさんのおっしゃる通り「青」も考えないと。

今回のOOはすでにいくつか塗装がおわってますので、現在はこのような方法を取っています。
まずはサフ→下地(白:3回吹き)→調色SFC(5回吹き)、の塗装面です。
burasi1.jpg
うお~・・・・最悪。
ブラマヨ吉田もびっくりな梨肌。
おまけにエッジに塗料が溜まるという、見るに堪えない状態ですw

ここで塗面を研磨します。
使用するのはサンディングスティック1500番。
エッジはどうしても削りすぎますので注意が必要です。
全体の様子を見ながら下地が出る寸前まで磨き、塗面を均一にします。

その作業後がこちら。
burasi2.jpg
なんか、塗装前のプラみたいですねw
いやいや、色はしっかり変わっています。
一部は削りすぎで下地が出たりしますが、この後の塗装でカバーできるので、あまり萎縮しないよう思い切って磨きます。
この状態が下地としては最高ではないかと思います。
実際使用する色が下地ですから、仕上げの吹きつけは最小限で良いわけです。
まあ、あくまで私が勝手に思ってやっているだけですので、「他にもこんな方法がある」なんて紹介して頂けたら嬉しいです^^

burasi3.jpg
フラットコート後です。

おそらくカーモデルやMH等テカテカのグロス仕上げの場合は、サフ、下地、仕上げ塗装とすべての段階で研磨という想像を絶する面倒くさい工程を踏んでいると思うのですが、フラット仕上げがメインのガンプラも「塗装、頑張ろうじゃない」と思ったアラフォーの春なのでしたw

PGダブオーラーザー工作編(バックパックその2)

ホビーショウの際に使用するホテルは抑えました。
あとは作品を完成させるだけ・・・・
これが一番難しかったりする^^;

バックパックは現在塗装中です。
隠ぺい力がないフィニのSFCにてんてこ舞いw
いろいろ苦労しながらやっております。

前回でご紹介出来なかった工作の紹介です^^
opg33.jpg
C面の状態が全く分かりませんでしたのでサフを吹きました。
歪みについてはこの後修正しました^^;

opg34.jpg
こういったディテールアップはお決まりのパターンですね^^;
面の間延びを抑制する目的で追加しています。
プラ版を切り出す際の精度はMG以上に要求されます(フゥ

opg35.jpg
裏側
ディテールの良いデザインが思い浮かばなかったので、なんちゃって工作ですw
取りあえず厚みはある方が良いと判断しました。

次回は塗装についてのちょっとした拘りをご紹介します^^


それでは引き続き頑張ります^^

毎年恒例の・・・と、ついでにダブルオーでもw

行ってきましたよ、「日本の心」を。
sakura21.jpg
毎年恒例の墨俣城での花見でしたが、凄い人だかりでした。
これだけの人が集まる事は予想されているので、もう少し駐車や車道の整備を徹底してほしいですね。
歩いているすぐ横を車がビュンビュン走って、危ないったらありゃしない。

人も凄かったんですが、それ以上に凄かったのは風!
至るところで飛んだゴミ袋を人が追っかけていましたw
sakura11.jpg


さて、来月はホビーショウ・・・・・は?来月?
「まだまだ時間はある」と思い込んでいましたが、残りの作業を考えると・・・全然無いじゃないですか!
もう少しヤバくなったら睡眠時間を削りますw

opg31.jpg
バックパックです。
結局モールドやちょっとしたディテールを追加したり、くり抜いたりの工作しかできませんが、整面に時間が掛かりますので一つのパーツを仕上げるまでが大変です。

opg29.jpg
外装とフレームにモールドを追加。
そしてバーニア。
通常の火力でMSを浮かせるバーニアとは働きが異なるため、このような多重構造としました^^

opg30.jpg
別角度。

余裕を持って期限に間に合わせたいですね~(無理かww

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。