スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました。

歳を重ねるごとに1年を短く感じるようになりましたね^^;
時間の大切さが身に沁みます。
来年は時間を無駄にしないよう、気をつけたいと思います^^;

さて、今年の年始に抱負なんて言うのを述べています。
1.静岡ホビーショウまでに現在製作中のPGダブルオーライザーを完成させる。
2.塗装の技術を上げる。
3.MHを1体は完成させる。
4.モデサミ作品の準備に取り掛かる。
以上の4つ。
ダブルオーライザーは何とか間に合いました。
かなり手こずりましたが、この作品で塗装に関しては一皮剥けたように思います。
そしてMH。
寝太郎さんのおすすめでファントムスカーレットをファーストMHとして選択しました。
MSとは全く異なるデザインで、いろいろな刺激を受けるとともにグロス塗装のコツを掴むことが出来ました。
将来的にはMHメインになるのかな~なんて思っていますが、こちらはストーリーのリスタートを切望します。
で、モデサミ作品ですが・・・未着手w
最近になってどうやら開催を匂わすセリフは主催者側から出ています。
開催を前提に来年から始動予定ですが、ネタが決まっていません。
製作中のZZも完成させたいし、SHINOさんとのSD企画も出来ればご一緒したい。
う~ん、時間が足りないな~

そんなこんなで来年もバタバタすると思いますが、よろしくお願い致します^^;

最後になりますが、先ほど完成したRGシャアザクの画像おば。
zaku243.jpg
zaku244.jpg
本アップは年始となりそうです。
その際は見てやって下さいね^^

それでは皆さん、良いお年を^^

スポンサーサイト

ガンキャノンDT、アップしました。

今更ではありますが、ガンキャノンDTのアップがようやく完了しました。
topページよりご覧頂けます^^

いや~、シャアザクにかかりっきりで忙しかったんですよw
そのシャアザクも明日には完成しそうです^^
1/144なのに使用したメタルパーツは過去最多!
しかも1mmの満たないパーツが多く肩こりが悪化しましたw
こちらは年内に完全公開とはいきそうもありませんが、数枚アップいたします。

もう一つ。
HiQpartsさんから新作が届きました。
年末だというのにご苦労様です^^;

1.センサー用偏光シール(赤→黄、黄→青) 各525円
hiqparts82.jpg
見る角度によって色が変化します。あらかじめ丸型に型抜きしてありますので、はがすのみで取り付け簡単です^^
その他の形は余白を使えば対応できます。
下地の黒シールも付属していますので、モデラーの好みに合わせて使用できます。
hiqparts83.jpg

2.NCデカール(オレンジ&ブルー) 1/100用735円、1/144用651円
hiqparts81.jpg
もはや説明の必要はありませんね^^
私もがっつり使ってますw
カラーバリエーションも豊富であり、使用頻度No1です。

3.シングルバルカン 1.0mm(20個入り) 882円
これはね、小さすぎで写真が撮れません(汗
ご存知のバルカンシリーズに外径1mmが追加です。
しかも先端部には45度の面取り付き!
実はシャアザクに使用していますので、一体どのようなものかはその時にでもご確認下さい^^

商品の詳細についてはHiQpartsさんまで

最近、やたらと仕事が忙しく模型が出来ません^^;
早朝モデラーである私にとって、帰りが遅くなる事は時間的な制約を受ける事は無いのですが、体力的にいろいろ規制が掛かってきますw
寒いってのもあるかもしれませんが^^;

そして週末は家族サービス。
先週はたんこぶさんに引き続き東京ディズニーランドへ行ってきました。
子供メインの為、ジブリ美術館込みという大人にとっては強化スケジュールですw

それにしてもディズニーの人気は衰える事を知りませんね~
今年の夏も人でごった返していましたが、クリスマスシーズン真っただ中と言う事も手伝って、今回もあり得ないくらいの人が集まってきましたw

実は子供を連れてディズニーランドへ来たのは初めて。
通常ですと、スプラッシュマウンテン、スペースマウンテン、ビックサンダーマウンテンと言った主要なアトラクションを回る所ですが、今回はショーやパレード、その他なる~いアトラクションがメインでした。
パレード(昼、夕、夜の3回)はすべて開始1時間以上も前から最前列を陣取るという気の入れようw
いつもは後ろの方から眺めるだけなのですが、最前列は素晴らしいですね!
アトラクション以外の魅力も発見できました。

これだから人が集まるわけだ。

そしてもう一つの初体験。
「ミート・ミッキー」
はっきり言ってバカにしていました。
「ミッキーを近くで見て写真撮るだけだろ?」といった印象で、やはり今まで入った事が無かったんですが、2時間以上待つ甲斐がありました。

もうね、ヤバいですよ。
ミッキー可愛すぎ。
順番待ちの際、ドアの隙間からチラっとミッキーが見えた時からテンションマックスでしたw
ハグをしてもらえた子供が羨ましいのなんの。
終始てれてしまった私は目すら合わせられませんでした(注:40歳、男性、胆嚢ポリープあり)

まさしく隙が無い!
見どころ満載のディズニーが支持される理由が分かりました。

模型も隙を見せてはいけませんね~^^;
どの角度からも楽しんで頂ける作品ができるように頑張ります~(無理だけどw

久しぶりの更新だというのに画像の一つも無くてスミマセン^^;


RGシャアザク 改修記その3

こんにちわ^^

寒いですね~~~
今朝は工作済のパーツを洗いました。
いつもなら洗面所やキッチンで洗うんですが、RGはパーツが非常に細かいため、桶に湯を汲みその中ででゴシゴシ。
あと言う間に湯から水へ変わり、洗浄の終盤は手がまともに動きませんでしたw(←笑い事ではない

追加工作が発生しましたので、本格的な工作は少し先になりそうですが、外装・フレームを色分けするため、使用するカラーはかなり多彩となりそうです^^;

改修記としては終了です。
残りは完成時の方が分かりやすいかと^^

スパイクアーマーをメタル化します。
RGzaku33.jpg
まずはキットを加工します。
向かって右が改修後。
取り付ける位置を削って低くしただけw
しいて言うなら3本の高さを揃えるくらいでしょうか?

あとはサードスパイクMINIを取り付けるだけですが、ただ接着するだけならこのままでOK。
本作例ではより接着を確実なものにするため、若干の追加加工をしています。
RGzaku35.jpg
まずは差し込む為の穴(1mm)を開けます。
センターを確実に。

RGzaku34.jpg
サードスパイク側にも1mmの穴が空いていますので、こちらに真鍮線を差し込めば完成。
後は穴に真鍮線を差し込めば、位置も決まるししっかり固定も出来ると言うわけです。

RGzaku37.jpg
スパイクの変更はかなり効果的のようですね^^
アーマーそのものが一回り大きくなったように見えます。

お次は武器のスコープ。
こちらはレンズの交換だけでかなり良くなりそうですが、今回はメタルパーツも使用します。

まずはキットの加工から。
RGzaku28.jpg
どのようなパーツを使用するかで、この辺りは全く変わってくると思いますが、今回紹介するのは最もシンプルな方法。
スコープパーツを安定して接着できるよう、キットの穴(本来はクリアパーツが入る)をエポキシパテで埋めました。

RGzaku29.jpg
あとはより確実性を高めるためメタルパーツの底穴と同径の真鍮線を差し込みます。

RGzaku30.jpg
やや後付け感が高いですが、塗装でなんとかなるでしょうw

RGzaku31.jpg
マシンガンも同様です。
スコープ裏のピンも変更しましたが、現在HIQPARTSさんのラインナップには無いようです。
使用したのは、バズーカがSPプレート4mm、マシンガンがSPプレート2.5mmです。

RGzaku32.jpg
マシンガンの銃口はガンバレル1に変更。
大きすぎるかな?と思いましたが、以外にいい感じ^^
破壊力が増したように見えますねw

と言うわけで改修編は終了です~
その他リベット等については完成品にて紹介させて頂きます^^

そう言えば専用デカールの発売って、いつ?

RGシャアザク改修記 その2

来週末は子供のクリスマスプレゼントのためディズニーランドへ行きます。
さすがに全アトラクションを網羅する事はできなさそうなので、普段はあまり見ないパレード等をしっかり楽しむ予定。
子供のためとは言えディズニーランドと聞いて心弾む私(40代)はおかしいのか?w

今日もRGシャアザクの工作を紹介します。
まずは足のパイプから。
RGzaku20.jpg
使用するのはメタルパイプ 4.0mmを単体で16個。
一袋ですね^^
ノーマルから置き換えるだけの超簡単改修です^^
このパイプは中央が段落ちモールドとなっており、かなりハイディテールです。
ノーマルも大きさの割に非常に凝ったデザインですが、バリを処理するとフラットプポットができ正円が崩れる可能性があります^^;
慎重に作業を進めれば大丈夫かも、です。

RGzaku15.jpg
メタパとは関係ありませんが、膝下のダボ。
これはグっと膝を曲げた場合露出しますので、左側のようにモールドを彫ってあげると引き締まると思います^^

RGzaku21.jpg
こちらもメタパとは無関係^^;
非常にハイディテールキットですが、「ん?」と思われる個所もちらほら。
Fアーマーはデザインが寂しいと感じましたのでモールドを追加しました。
RGzaku23.jpg
もういっちょ股間部。
曖昧なモールドはプラ版で作り直しました。

お次はランドセルです。
RGzaku4.jpg
バーニアをメタル製に交換します。
ノーマルバーニアを取り付けるために長方形の穴が開いています。
一旦これをプラ版で埋めましょう。
その後、1.5mmmの穴を開ければ位置がしっかり決まります。
RGzaku5.jpg
使用したのはSVバーニア 5mm
このシリーズのバーニアは、どこか古いデザインで大好きです^^
ファーストMSにはしっくりきます。
RGzaku6.jpg
サイズもジャストフィットです^^

次は胴体のパイプ。
これもメタルパイプ 4.0mmを使用します。
RGzaku24.jpg
RGzaku25.jpg
RGzaku26.jpg
お金はかかりますが、改修いらずで非常に簡単にグレードアップできます^^
塗装もプライマーを吹いておけば、プラ同様に行えます。

そして頭部。
まずはモノアイを替えましょう。
ノーマルはクリアパーツにデカールを貼るタイプ。
これはクリアパーツにする意味がないような^^;
使用するのはSPプレート 2.5mm用。
まずは、元となるパーツを加工します。
RGzaku7.jpg
プレートを取り付ける部分を少し削って薄くしましょう。
理由は、モノアイカバー(クリアパーツ)との干渉をなくすためです。
このRGシャアザクは、MG同様首の動きに連動してモノアイが可動します。
もともとクリアランスが少ない(というか、クリアパーツが厚い)ため、可動の際クリアパーツに傷がつくのを回避するのが目的です。
後はプレートの接着をより強固なものにするため、1mmの棒(プラ棒でも真鍮線でもOK)を差し込めは完成です。
RGzaku8.jpg
このようになります^^

RGzaku9.jpg
そしてパイプ。
メタルパイプ 3.0mmを使用しました。
こちらも置き換えるだけで工作は不要です。
RGzaku11.jpg
RGzaku10.jpg
すべてを取り付けるとこのようになります。
アンテナは薄く削ってあります。

しっかしまあ、豪華なパーツ群ですね~^^;
「なんだ、メタパ使ってるだけじゃん」って、言われそうですが、その分基本工作や塗装で頑張らねば。
続きは次回で。

デルタプラスも宜しくお願い致します。

デルタプラス、アップ&出品しました。

ようやくアップいたしました~

HPよりご覧頂けます^^
オークションにも出品しておりますので、ご興味のある方はぜひ!
12月12日、23時までとなっております。

さて、RGも頑張ります^^

RGシャアザク改修記 その1

先週末は暖かかったですね^^
絶好の洗車日和だったんですが、連休は久しぶりだったためか予定が立て込みそれどころではありませんでした。
来週末も休みないしorz
そう言えば、もうすぐ大掃除の時期ですね~
新築と言えど、1年も経つとそれなりに汚れてくるので、今年はやらねばならんですねw

RGシャアザクは、専用デカールを一部使いたいがために発売を心待ちにしています。
12月下旬と言う事ですので、急がず丁寧に作業を進めています。
今回パーツをHiQpartsさんが全面的にバックアップして下さいましたので、非常に豪華仕様となっております^^;
パテ盛りをしなくても簡単にグレードアップ出来るのがメタルパーツの最大の魅力。
模型をはじめたばかりの人でも、分かりやすいよう記事をアップしていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい^^

もしご質問があれば、どんな事でも構いませんから遠慮なくどうぞ^^
レポンスは悪いですがw

まずは足裏のバーニアです。
RGzaku12.jpg
使用するのはフットバーニアM 1セット。
Lは厚みがありすぎるので、Mサイズがベストです。
取り付け部に6mmより少し大きめの穴をあけましょう。
私は中央に1mmのピンバイスで穴を開けた後、2→3→4mmと徐々に大きくしたのち、リーマーを使用して最終的に6.5mmの穴を開けました。
バーニアを取り付けるパーツの裏にダボが2つありますが、今回の工作で1つ残りますので固定に支障はありません。
バーニアは3パーツ構成で、中央のピンはそのままでは長すぎでっぱてしまうため、さらに奥のパーツに1.5mmの穴を開けています。
短く切るのも一つの方法ですね^^

次はふくらはぎのバーニアです。
使用するのはフットバーニアS 3セット(6個)です。
こちらも簡単に取り付ける事ができます。
RGzaku13.jpg
まずは、ノーマルバーニアを取り付けるためのダボを切り落とします。
落としたら1.5mmの穴を開けましょう。
・・・・それだけw
RGzaku14.jpg
これで工作終了。
あとはバーニアを取り付けるだけです^^
RGzaku18.jpg
おそろしく簡単で、カッコよくなります^^
奥まるのに違和感を感じる方は、何かしらのスペーサーをかませれば大丈夫でしょう。

次のスネのアポジモーター。
こんな小さなフラットバーニア無いじゃない?
いえいえ、これを使うんです。
メタルリング2.0mm用 1セット(いっぱい入ってます^^)
まずはノーマルを加工しましょう。
RGzaku16.jpg
画像は加工後ですが、ノーマルの厚みを1.7mm→1.0mmに削りました。ダボとの間に段差を設けてあるのは、内部構造として段差を生かすためです。
これにリングを接着すれば完成です。
RGzaku17.jpg
簡単でしょ?^^

RGzaku19.jpg
メタルパーツとは関係ありませんが、曖昧なモールドは市販品に置き換える事ではっきりさせましょう。
これも簡単♪

まだまだありますが、続きは次回で^^

いと楽し

楽しいとは言え、冬場の早朝モデリングは辛いですね~
今日も綺麗に寝過ごしましたw

このキットもガンダムほどでは無いのですが、非常に細かなパーツが多いです。
加えて溝が浅くエッジも甘いモールドも多く、これらの処理に「腕の差」が最も大きく現れます。
小さなパーツを指でつかんでヤスってると、平面がいつの間にが球面・・・・てなこともありますw
つまり固定がしっかりできないために細かな工作の精度が下がる、という仕組みです。

なので、小さく固定が困難と考えられるパーツに関しては、ランナーから切り離す前にモールドの処理をする事をお勧めします。

RGzaku2.jpg
肘、膝のパーツ。
再右列は未処理です。
0.3mm、0.4mmのピンバイスで穴を開けていくわけですが、非常に小さな穴だけに少しのズレが致命的。
ランナーごと固定し、拡大鏡を使って慎重に作業を進めていきます。
小さなパーツにモールドを彫る時も同様です。

ていうか0.3mmのドリル折れ過ぎ・・・orz

RGzaku1.jpg
このように素組おザクを見ながら、パーツの位置確認や、各モールドの重要性を確認しながら慎重に作業しています^^;

RGzaku3.jpg
シャアのテーマが流れてきそうです^^
しばらくは地味な作業が続きます。
HIQPARTSさんからパーツが届きましたら、徐々に使用方法について紹介していきます^^

deutaw3.jpg
こちらの公開まではもうしばらくかかりそうです。

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。