スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

νガンダム、最後の工作

今朝目が覚めたらAM6:00でした。
本当ならAM4:00に起き、2時間半ほど作業をするはずなのに・・・・

あ~・・・・2時間損した、2時間損した、2時間損した、2時間損した、2時間損した、2時間損した。
ココにきて2時間のタイムロスは大きすぎます。
気付かないうちにアラームを止めていたみたいです。
これは神が与えた「試練」なのか、それとも私の体調への「労り」なのか・・・

取りあえず睡眠は取れましたので、明日からはアラーム2台体制でしっかりと起床したいと思います!

さて、νガンダムはとうとう工作を終了し、塗装へと工程を移して行きます。
ライフルやバズーカもそれなりに手を加えましたが、写真を撮る余裕がなくバックパックのみご紹介します。
hi97.jpg
既存のフレームにあるモールドを生かしつつ露出しました。
もちろんイボルブに準じています。

hi98.jpg
こういった個所はスリットが入ったプラ版やエッチングパーツで対応しています。

hi99.jpg
意外と本体とのジョイント部は目立ったとで、プラ版でディテールを作成しました。
そしてサーベルの挿入部には、市販のバーニアを加工して収納部と言う事をアピールしました(赤丸印)。

hi100.jpg
サーベルにも一手間加えました。
段落ちモールドを作成後、プラ版でディテールを追加しました。

hi101.jpg
4基のバーニアはこんな感じ。
プラ版で作製したパーツ+MJプレート+Hi-νのパーツ+メタルバーニアの4パーツ構成となります。
配色によってはそれらしく見えるのではと^^;

武器に関してはセンサーの追加や内部パーツの作製、メタルパーツの追加、ファンネルに関しては結構めんどくさいモールドを彫ったりディテールを作成していますが、こちらは完成後でも十分分かると思います^^

前夜祭で美味しいお酒を飲むためにも、人間を超える勢いで頑張ります!

スポンサーサイト

HiQpartsさん、新作情報

HiQpartsさんより新作ツールが届きました^^
商品のレビューしてる場合ではありませんが、今回のツールはいい!、ということで紹介しちゃいますw

リタックスティック(5本入)1680円
SDST-RE02.jpg

メーカーHP抜粋
「エッジが上手く出せなくて悩んでいる方に使って欲しい!面出し専用のサンディングスティック。水で洗えば粘着力が復活!何度も使えてエコ&経済的。メカモデルの面出しに特化したサンディングスティック。市販の紙やすりを貼りつけて使用します。紙やすりの粘着には極薄のシートを採用、ヤスリ接着面の歪みが少なく、平面の研磨がしやすくなっています。スティックのサイズはタミヤ「フィニッシングペーパー」の幅に準拠していますので、同ユーザーは簡単にヤスリを量産できます。紙やすりは付属していませんので各自でご用意ください。」

上記でもありますが、タミヤ製のヤスリと幅が合わせてあるのは嬉しいですね~
私は付属の粘着シートを使わず、100均の極薄両面テープを使いますが、こちらとの幅もピッタリ。
細かな面出しにはベストな幅と厚さだと思います。
以前の金属板は薄すぎました^^;
自身を持ってお薦めします。


νガンダム、上肢工作終了

え~と、、、、あと3週間くらい?
時間が無いのは分かっていても、この時期にしか楽しめないレジャーもあるわけで、休日の時間をどう使うか日々葛藤の毎日ですw

期限ギリギリになって初めて焦って手が動き出すのは小学校の時から変わりせんねw
平日は睡眠時間を極限まで削って工作に勤しんでおります。
そんなこんなで難産であった上肢も工作を終了し、武器とバックパックを残し塗装に入ります。

hi87.jpg
それにしても、イボルブって、複雑すぎ・・・・
おまけに資料も少ないので、無い知恵を絞る必要もあります。
前腕でキットから流用出来たのは左側の一部。
もちろん加工は必要でしたが、ゼロから作り起こす事を考えれば非常に助かりました。
ちなみに取り付けていないパーツ多々です。

hi88.jpg
サーベルラックはプラ版で作製しました。
サーベルを取りだすギミックはもちろんオミットですw

hi89.jpg
そしてマニュピレーター。
最近HDMってどうなの?
という疑問を持っていて、手元にあるHDMをいくつか試してみましたがしっくりきません。
とわ言え、今回は自分で制作する時間も無いし・・・・
そこで思いついたのは、以前SHINOさんやショートベルさんがやっていたキットのマニュピレーターをプラ版で覆うという方法。
あたかも簡単に出来ますよ~なんて書いてあった記憶・・・・

見事に騙されましたがw
そのまま覆うと大きくなるので、指1本1本を削り込んで細くしてからプラ版を使用しました。
各関節はデザインナイフで彫り、モールドを新規のデザインにしています。

hi90.jpg
hi91.jpg
シールドラッチも改修してみました。
ノーマルを基に衝撃を吸収するシリンダー的(もちろんダミー)なディテールを追加しました。
おかげでサーベルラックは見えなくなりましたw
一部をくり抜こうかとも考えましたが、接続の強度が低下する可能性もあるためこのまま行きます。
個人的には本体とシールドは少し離れている方がカッコいいと思っているため(理にかなったいるし)、あえてシリンダーパーツを長めにしています。

hi92.jpg
そうそう、肘の出っ張ったアーマー裏は何気に目に付きましたので、それらしくディテールを追加しました(画像では分かりにくいですがw)。

hi93.jpg
左右のデザインが異なるのは、徹底改修する上でモチベーションが保てて良いのかもしれませんね~(飽きない)
基本プラ版で製作しました。
装甲の薄さを強調するため0.5mmで箱組みしていますが、設定画ではもっと薄いですよね(汗
0.2mmくらいで作らないとダメそうですが、あまり薄いと垂直に接着した場合の強度を確保できません。

hi94.jpg
hi95.jpg
ザクのニーアマーは面白そうなのでそのまま残していますw
腕を曲げる事で可動しますので、ちょっとしたギミックになりますし^^

hi96.jpg
右腕を構成するパーツ群です(見組み立ては左右共通パーツ)。
これを塗り分けるので、情報量は下肢以上かもしれません^^;
RGのフレームを使用する事で、あまり時間をかけずに良いモノが出来たと思います^^

塗装後はいよいよ最終工作です。
間に合うか?w

HiQpartsさん、新作情報

HiQpartsさんから新作デカールが届いています^^
すべて価格は651円となっているようです。
・MCNデカール ナンバー ホワイト
・MCNデカール ナンバー グレー
・MCNデカール ナンバーアウトライン ホワイト
・MCNデカール ナンバーアウトライン グレー
・MCNデカール アルファベット ホワイト
・MCNデカール アルファベット グレー
hiq103.jpg

hiq104.jpg

ボックスアートやメカモデルでも多用されるITC社Machineフォントを使用しているとの事です^^
汎用性が高そうなデザインですね^^

商品の度購入はHIQPARTSさんにて

νガンダムはもう少しで腕の改修が終了します。
しばらくお待ちを^^;

プロフィール

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。