スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MG マラサイ 上半身の細部チェック

今年の梅雨はあまり降りませんね^^
自転車通勤の私にとっては助かってますが、農家の方々にはドキドキの日々が続いているんでしょうか?
あ、野菜が取れないと家系に響くな・・・・
週末から崩れるそうなので、ほどよく降ってもらいたいですね^^;

マラサイは上半身の細部を詰めている段階です。
marasai13.jpg
前にお話しした胸部のフレームはこのようになりました。
意外と目立つ箇所なので、上手く処理できたのではと^^

marasai14.jpg
右肩はヘルメットのボリュームに負けていたので前後に幅増し、合わせ目はモールドとなるように処理しました。
ここはMGザクの方がよく出来てますよね~
なんでこうなったんだろう^^;

marasai15.jpg
スパイクアーマーのスパイクはメタル製に変更します。
アーマーにはモールドを彫り、他と情報量のバランスを調整しました。
上腕は合わせ目に1mmのプラ版を追加して太らせました。
これにより斜めのスリットは自然と開口します。
簡単で効果が高いので私の定番工作にしよう^^

marasai16.jpg
前腕のアーマーにはこのようにモールドを追加しました。
太めの直線はヨレやすいので、力を徐々に強くしていき丁寧に彫っています。

さーて、明日は久しぶりに釣りに行ってきます。
イカ狙いですが、シーズンも終わってそうで釣れる気が全くしませんw

スポンサーサイト

HIQpartsさん、新作情報

HIQpartsさんより新作が届きました。
HPを見てもまだ商品の紹介が無いようなので文章のみで^^;
写真を撮ってもいいのですが、マスキングテープなのでイマイチ分かりにくいかと。

クラウド迷彩用マスキングテープ(S.Mの2サイズ) 各420円
雲型の迷彩塗装が簡単に出来てしまうツールです。
私はした事が無いので分かりませんが、実際これ模ってくり抜くのは大変。
デザインカッターをぐりぐりせずとも最初からできてますので、後はあまり考えずに貼って塗れば綺麗な迷彩の出来上がり・・・だと思います^^

キャラクターモデル向きという事ですが、スケールモデルも問題無く使えると思います。

販売は7月初~中旬ということなので、HPをチェックしてみて下さい。

上半身を鍛えろ

という訳で、大胸筋、三角筋、上腕二頭筋を強化しました(違
主なメニューは、ダンベルプレス、サイドレイズ、ダンベルカールです(違違
マテリアルはプロテイン、グルタミン、BCAAです(違違違

冗談はさておき、あくまで私的な考えですが兜が少し大きいのかな~という印象で、どうしても上半身のボリュームがそれに負けてるような気がします。

そう言えば、昔おそろしくかっこいいマラサイ見たなーと、いう記憶を頼りに心当たりを探してますと、あったあったありました。
もんもんさんのマラサイ
いやー、カッコいいですよね!
特に胸周りのボリュームが私の理想であったため、恐れ多くもコピーさせて頂きました^^;
marasai10.jpg

MGマラサイは、下からのアオリは抜群なんですが、上から見ると・・・・・なんですよね~
これで兜とのバランスは良くなったのではと^^
左肩はスパイクアーマーの関係でサイズの変更はありません。
こうなってくると、腰部のアーマーが少し貧弱に見えますので、これらに対しても工作が必要ですね^^;

marasai11.jpg
パテでボリュームアップした個所(内側)には、いかにもフレームに装甲がのっかている感を出すようモールドを彫る予定です。

marasai12.jpg
今回はライティングを変えてみました。
まるで無反射布で撮影しているみたいですね~
これはこれで機体が引き立って見えていいのかな?

何気に

こちらも進めていますが、以外に改修箇所はありそうです。
元も良くて改修箇所もそれなりにあるという、非常に作ってて楽しいキットです^^

marasai3.jpg
まずは頭部。
お決まりのモールドに加え、パテやプラ版を使った改修をしています。

marasai4.jpg
marasai5.jpg
私がよく使う直線を複雑につなげるモールドのパターンに加え、今回は後頭部に見られるようなパターンを試してみます。
通常パネルラインを模すようにパーツの端でモールドは終わっていたんですが、このようにパーツの内部でモールドが終わるという、「ディテール」と割り切ったモールドも、使い方によってはかなりの効果があるのではと^^;

marasai7.jpg
モノアイ周りは寂しい気がしましたので、少し改修しました。
詳しくは↓
marasai8.jpg
オーロラステッカーは実にすばらしいアイテムなんですが、HIQPARTSさんでは取り扱いを終了しているみたいで、手に入らないんですね^^;
何が素晴らしいのかと言うと、ステッカー単体でも高率で光を拾い反射してくれますが、後方からの光も通すんです。
つまり、ステッカーの後方にLEDを仕込むことで、LEDの点灯時と消灯時の両方でディスプレイが可能となります。
通常はLEDなんて点灯しませんから、いかに消灯時もディスプレイに耐えうるかを考えなければいけませんね^^;

marasai9.jpg
ヘルメット裏側の隙間にディテールを追加しました。
ココは意外と目立つ箇所ですが、これでバッチリです^^

永野メカと言えば

やっちゃいますよね~
背骨ディテール。
Q21.jpg
まず腹部は上下に3mm延長し、左右で3mm短縮しました。
椎体、椎間板は彫りこんで整形し、棘突起とその他ディテールはプラ版で製作しました。
永野メカなので、どうしてもこうしたくなってしまいます^^;

Q18.jpg
で、モールドは筋肉を模すよう入れてみましたが、くどい・・・かなw
全体のバランスを見ながら6パックは消すかもしれません^^;

Q19.jpg
形状はあくまでMH様ではなく、劇場の設定に近い寸胴で。
S字を強調する形状でもありません。

キュベレイっぽい作例を目指します^^


そうそう、これと並行してマラサイも御依頼で製作しているんですが、やはり御依頼案件は力が入ります。
よろしければこのキュベレイも、もし気になっている方がみえるれば今から御依頼で製作します。
路線変更もある程度は可能です。
面白い作品にはなりそうなので、我こそはと思われる方は下記アドレスまで御一報お願いします。
sada4577@yahoo.co.jp

キュベ 下半身

さて、キュベレイはアーマー類を除き下半身の工作が終了しました^^

Q14.jpg
モールドが確認しやすいよう、捨てサフを吹いてみました。
大きな工作としては、太ももの形状変更、股関節の入れ替えになります。
股関節の可動域は大幅に広がりましたので、ポージングもしやすくなったのではと思います。
やはりキュベレイと言えば、武器を構えるのではなくビットを両手を広げて自由自在に操るという印象。
それには股関節の可動域が重要となるはずです・・・多分。

Q15.jpg
下腿部外側のモールド。

Q16.jpg
下腿部内側のモールド。

Q17.jpg
そしてふくらはぎ。

やはり各モールドは曲線を主体とするものが多くなります。
シナンジュでも経験しましたので、曲面に曲線を書くものずいぶん慣れましたw

キュベレイ 下半身概要

キュベレイは製作時間が少ない割に順調ですw

Q11.jpg
順調とか言いながら、実は太ももの形状変更には手間取りました^^;
エポキシパテを使用して、曲面から平面に変更しつつ太くしました。
また、パテによるディテール、スジ彫りによるモールドを追加しました。

Q12.jpg
膝アーマーはパテを使用して先端を尖らせ、上縁をシャープに整形しました。
下腿部の外装は曲線を織り込んだモールドを追加しましたが、分かりにくいですね^^;
そのうちサフを吹いた画像をアップします。

Q13.jpg
後ろから。
かかとのパーツにも曲線をメインとしたモールドを追加しました。
それにしても曲面にプラ版で制作したガイドは当てにくいです。
ほとんど目視による手書き・・・
シンメトリーを取るのに時間が掛かって仕方ないですね^^;

MG マラサイ やります

梅雨入りしたのに良い天気が続きましたね^^
明日からは崩れるそうですが・・

塗装中の方は湿度計とにらめっこの日々が続きますねw

さて、ご依頼が入りましたのでMGマラサイもはじめないといけません。
工作の詳細は詰めていませんが、私のやりたいようにやって良いとの事。
サクっと組んでみましたが、モノアイの発光、メタルパーツ、モールド追加+αでかなり良い作品が出来そうです。
marasai1.jpg
肩が小さいかな~
取りあえず上半身はパテやプラ版を使用したスタイルの変更が必要かと。

marasai2.jpg
それにしてもカッコいいですね^^

もうしばらくキュベレイの記事が続きます。

少しの事ですが

昨日はよかったですね、サッカー^^
見てて安心できる反面、刺激が無いというか^^;
ま、贅沢ですね。

マラサイの表面処理の合間に進めているキュベレイは、下肢の工作に移っています。
大まかなアウトラインが出ない事にはディテールを弄っていてもそわそわしてしまうのはなぜでしょう?^^;
これが永野メカのプレッシャーというやつかw

今日はスリッパの形状変更について。

スリッパはペタっとして先が尖りソールは丸く、まるで魔法使いの様な形状は他のMSと全く異なり独特の雰囲気を醸し出します。
永野版、イボルブ版のソールは異なった形状で描かれていますが、今回は劇場版重視で工作を進めて行きます。
スリッパが結構角ばっていますので、ソールは丸い方が全体のバランスがとれるのかな~と、勝手に解釈^^;
と、いうわけでスリッパの形状を弄りました。
Q7.jpg
ノーマルではやや太いかな?という印象。
左が改修後です。
左右やく2.5mm短縮しました。

Q10.jpg
さて、この2.5mmの短縮は意外に簡単で、足裏の外枠を1mm削りこみ、スリッパは左右を切り落として、やはり1mm削ります。
その後はキットより薄いプラ版で切り落とした面を作れば完成です。

Q8.jpg
わずかな事なんですが、これで重い感じを解消しつつ、元のイメージが残せたのではと^^;

少し短いですが、次回へ続きます。

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。