スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

νガンダム、アップ&出品

バンシィにつきっきりだったので、完成してから時間が経ちましたが、ようやくアップしました^^
HPよりご覧いただけます。
newka69.jpg

製作した本人が言うのもナンデスガ、カッコいいです!
各関節もカチっとしていて可動も心地いいです。
これだけの密度ですから仕方ないけど、パーツ数は半端ない。
手首もこの5本独立可動が標準化されるのでしょうか?
だとしたらジオン系の造形が楽しみです^^

オークションにも出品中
ぜひご覧ください^^

スポンサーサイト

MGバンシィ製作記 その2

昨日は暑かったですねー

地元では30℃越えの猛暑日と言う事で、今年も長い夏がはじまったなーという感じです。
ついこの前は寒かったですよね?^^;

さて、バンシィは塗装に突入し、外装の多さに恐れ慄きつつ淡々と作業をしています。
外装が単一色のため面白みに欠けます。
デカールは一工夫ほしい所ですね。

まずは塗装をしっかり行います。

UCB9.jpg
UCB10.jpg
さすがは悪役、といったウェポン。
超至近距離では非常に有効なのでしょうw
相手にアームドアーマーを振り下ろす際の手は非常に暴力的に描かれていました。
それを表現する事は、5指はもちろん各関節まで独立で可動しなければいけません。
MG νガンダムのマニュピレーターも考えましたが、若干大き過ぎたため「極め手」を使用しています。
処理さえ気を付ければ使えるアイテムだと思います。

UCB11.jpg
とても良いキットなのですが、ここは手を抜かれているのかなと。
デストロイモード時に大きな隙間が生じ、内部のスカスカ感を露呈します。
ジャンクパーツで埋めるだけで引き締まります。

UCB12.jpg
ここも。
非常に安っぽいので外装の裏地を製作しました。
バーニアはメタルパーツに逃げず、旋盤加工でエッジを立ててキットパーツを使用。
ま、内部にはメタルパーツが入るのですがw

最近思うのは、やはりキットに付属のバーニアが一番しっくりくるのではと。
新しいキットに限定されるかもですが。

バンシィ製作記

GW、終わりましたね^^;

私は出勤やら待機やらで、連休をおおか出来たわけではありませんが、それでも通常の週末よりはゆっくりできましたね^^
最低限の趣味(釣り)と家庭サービスは出来たと思います。

さて、バンシィはそろそろ洗浄に進もうかという所です。
ディテに関しても、面構成が複雑で間延びする箇所がほとんどありませんから、「整面をしっかりと」というのが要点でしょうか。

それでも若干の改修は施していますので、紹介したいと思います。

UCB5.jpg
まずはユニコーンモード時のツインアイ。
隙間全体がカメラになっているのか、はたまたツインアイなのか良く分かりませんが、たしかエピソード5でツインアイとして光ったシーンがありましたよね?
てことで、こんな感じで。

UCB6.jpg
定番のアンテナをシャープ化。
尖らせてますけど、劇場ではキットのような形状なんですよね^^;
ただこのくらいのスケールになると、尖らせた方が見栄えは断然良いです。

UCB7.jpg
UCB8.jpg
デストロイモードも同じようにアンテナをシャープに加工しています。
かなりの面積なので、やや細くしています。

あと少し紹介する部分があるんですが、また次回に^^



黒いユニコーン

と、いうことで次回作品はMGバンシィに決定。

MGユニコーの発売時に飛びついて製作したはいいが、あれだけの良キットを作りこなせていないという後ろ髪をずーーーっと引かれる思いがあったのに合わせ、遅ればせながら拝見出来たガンダムUC[エピソード5]に感銘を受けたのが今回のきっかけ。

前回はデストロイモード固定で、足を短くして作ったけなーなどと思いながら、今回は変形を生かしてディテールアップで望みます。

UCB3.jpg
UCB4.jpg
どちらか一方って、勿体ないですよね?(デストロイモードは不完全ですがw)

変形ってとても複雑なイメージでしたが、やってみると意外と簡単。
あとは塗装の剥げに注意して各部の調整すればイケルと思います。

今は整面まで終了し、どのようにディテールを入れて行くか検討中。
いろいろ動かして遊んでみると、関節の緩い個所が明確になりますねー
ちなみにこのキットは腰の関節が緩いので要調整。

νガン本体はいい感じのセッティングで可動が心地良かったです。
newka42.jpg
近日公開

話が反れましたが、足が長すぎると言われがちなこのキット(かつては自分も申しておりました)。
バンシィとなって黒くなったせいか(?)、それほど違和感を感じませんw
どちらにしても変形を生かして製作するため、足は弄りません。
あくまで「設定に忠実に」をモットーに、マリーダが搭乗したバンシィを作ります。

UCB1.jpg
UCB2.jpg
密度がいい感じなので、カメラアングルに困りません。

それにしても、パーツ数があまり多く感じないのはνガンの後だからでしょうか?w

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。