スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとアレンジしてみよう

グロス塗装って難しい。
パーツによっては処理が終了・・・というかなんとか妥協できるレベルに達していますが、大半は何らかのエラーのためリテイクを要しています。

よくカーモデルのサイトでは、塗装→クリア→研磨→研磨→研磨→ワックス、という工程で紹介されいますが、ディテールが入り組むガンプラはどうしてもヤスリが届かない個所が出てきます。
比較的ヌルッとしたデザインのケンプファーなら、研磨も上手くいくだろうと安易に考えてましたが、なんのなんの、これがまた結構難しい。

私的にガンプラに最も適したグロス塗装は、塗装→クリア①→研磨→クリア②と、今回結論付けました。
もちろん塗装の際の下地処理は細心の注意が必要で、クリア①は2~3倍と濃いめで3回吹きつけ、研磨はサンデングスティック#1500で梨肌が消える程度に軽く研磨、クリア②は5~6倍のうすめを垂れる寸前まで吹きつける。
その後ワックスでコート。
パーツの形状によっては徹底的にやるもよし、といった感じでしょうか。

以上、自分の為の覚え書き。

さて、話は脱線しましたが、肩周りにこんなアレンジをしてみました。
kan1.jpg
キットの肩位置はどうしても下がり過ぎてると思い、学屋さんの記事を参考に肩軸を1mm上げ、アーマーの取り付け方法も変更(上げた)したところ、アーマー下と関節部の露出過多となってしまいました。

これを改善すべく、エポキシパテ+プラ版でこんなパーツを作ってみました。
つけたらどうなるかというのは前回の記事でも紹介しましたが、こんな感じ↓
kk1.jpg
どうやら各部のボリュームバランスが良くなった気がします。
ま、結果オーライです。

塗装はつづく~よ~、ど~こま~でも~♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ!(^ヮ^)

なるほど~。
肩位置いいですね!
パチ組みとは雲泥の差!

これがギラギラになるんですね、楽しみにしてます(^ヮ^)ノ

No title

●SHINOさん
こんにちわ~^^

パチはなで肩でしょ?w
強さが伝わってこないというか^^;

ギラギラといかツヤツヤ?
てかなんでケンプはグロスなんだろう^^;
プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。