スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼門

人気の機体には高率で装備されているファンネル(ドラグーン)・・・

単純作業の繰り返しで、モデラーにとってはテンションを保つのが難しいパートですよね^^;
MGサザビーはファンネルのギミックが面白く、そこそこ製作も楽しめるのですが、νガンはホントに辛いw
しかもこのhi-νはグラデーションの塗装が必要となります。
モールドを追加して塗り分けてある作品も多く、それはそれでカッコいいのですがhi-νと言えはグラデーション!というのが私の印象。
シールドはほとんど隠れてしまうためグラデーション塗装はしていませんが^^;

このキットには、グラデーションがほどこされたデカールが付属しています。
hv27.jpg
しかし、塗装をする以上は塗装でグラデーションを再現したいという事なんですが、いくつかクリアしなければいけない点があります。
・グラデーションの範囲をそろえる(12本)。
・グラデーションの幅を調整したうえそろえる。
・塗料の飛散を抑える。
以上の点について注意する必要があると思いました。

なので、だいたいこんな感じでーっと大雑把に吹くとリテイクが待っているのは必至ですから、まずはマスキングでグラデをかける範囲の統一化と塗料の飛散防止を図りました。
hv18.jpg

次にブルーを吹いていきます。
hv22.jpg
このようにマスキングテープの境界がうっすら残るように吹きます。

hv19.jpg
当然のことながらグラデの端はくっきりしてしまいますので、これを修正します。

hv21.jpg
次は境界部に対して白を吹くのですが、やはり塗料の飛散を防止するためマスキングをします。
ここで露出する青の幅がそのままグラデーションの「幅」になるわけです。

hv29.jpg
面倒くさいんですが、これでグラデーションの範囲と幅を任意にコントロールする事が可能です^^

hv23.jpg
ファンネル中央部はツブシ玉を追加してそれらしく。
一手間ですが、6個もあると効果はそれなりにあるのではと^^;

hv24.jpg
hv25.jpg
そして今回の拘りである「メッシュ」
いろいろな個所に追加して密度を高めています。

hv28.jpg
こんな場所にも^^

それでは引き続き頑張ります~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。