FC2ブログ

小技だけじゃん

寒いですね~
全く持って進みません。

今長女と二人で寝ているんですが、最近おねしょが続きました。
てことで、私が起きたタイミングでトイレに連れて行くんですが、機嫌が最悪w
皆さんはトイレに連れて行ってキレられたことあります?
眠いし寒いし腹も立つだろうけど、君のためにやっているこっちの身にもなってくれw

さて、シナンジュは相変わらず小技が続きます。
sinanju14.jpg
脇下の装甲を切り取り、プラ版でフレーム(らしいもの)を追加しました。
いわゆる定番工作です^^
胴周りのパイプはパワーパイプに変更しました。
もちろんこのまま使用せず塗装します。

sinanju13.jpg
続いて、胸部の装甲を一部切り取り極小角バーニアを配置。
まさに小技w

sinanju15.jpg
あとはモールドをひたすら追加。

一つお見せしたいものがあるんですが、撮影ができません^^;
こちらはしばらくお待ちください。

体力と保持力の強化

実はここ2年くらい自宅トレーニーだったんですが、ついにジムデビューしました。
週2、3回はウェイトトレーニングと有酸素運動をずっと続けてきたわけですが、15kg程度のダンベル1個と自重では負荷に限界を感じていました。
奥さんも出産に伴う余分な脂肪を除去すべく、ジムに通うと言い出したのでそれに便乗したというわけです。

いや~、凄かったです。
負荷は思い通りだし、狙った筋肉をピンポイントでいじめる事ができました。
あくまでマッチョではなくしまった体を目標としていますので、週1のペースでジムに通い、普段は食事に気を付け毎日体脂肪率とにらめっこが続きそうですw

さてシナンジュも細々と進めております。
sinanju12.jpg
このキットの最大の難点は武器保持力の無さ。
アクションはもちろん、普通に持たせて素立ちを決める事さえできません。
そこでMGシャアザクより手首を拝借し、真鍮線で固定しました。
そう言えばライフルを腰後方へ収納するギミックってあったんでしたっけ?
もしあったとしてもお構いなしですw

健康がなにより

ここ2-3日・・・たったの2-3日ですが高熱にやられ、「ヒーヒー」「ウーン」とうなだれていました。
最高39度くらいとそれほど高熱にはなかったのですが、久しぶりの風邪はきつかった。
仕事も休みました。
職場の皆さん、そして奥さんに多大な迷惑をかけ申し訳なかったです。
普通に生活出来る事の喜びを噛みしめていますw

さて、このタイミングでシナンジュの状況報告ですw
やっているのはスジ彫りばかりなので、製作記としては面白くないでしょうね^^;
いろいろ目論んではいるものの、キットの情報量は非常にバランス良く、ヘタに手を加える事はマイナス因子となりそうです。
sinanju6.jpg
sinanju8.jpg
やはりこの工作の目玉は曲面に曲線のスジを彫るという事だと思います。
画像では分かりにくいですが、曲線のカーブは外装の輪郭と同様になるよう注意深く彫っていきます。
あとは完成時に、このスジがどのように映えるか、という妄想からデザインを決定。
・・・と、いっても結構いい加減w

sinanju7.jpg
スパイクアーマーは、キットノーマルはもっと本体から離れた位置で止まるようになっています。
この停止角度に違和感を覚えたので、簡単加工にて本体になるべく近い位置で停止するよう変更しました。
あえてスパイクは尖らせてません。
延長、もしくは短縮で尖らせてもいいのですが、長さを帰るのは変になりそうですし・・・ていうかこのスパイクは取ってしまいたいくらいw

sinanju11.jpg
上腕部。
内外装甲の接地部にスリットは入るよう0.5mmのプラ版を接着しました。
スリットから連続するスジ彫りも追加。
曲面にシンメトリーなスジを入れるのは難しいですね^^;

sinanju10.jpg
前腕部の手掌側にもスジ彫りを追加。
久しぶりの直線でスイスイ♪
指は5本が独立して動くよう加工しました。

sinanju9.jpg
前腕の手背側のスジ彫りです。

と、こんな感じでゆる~く製作していきます^^;

新たなる戦いのはじまり

タイトルは大袈裟ですw
今回はモールドを追加するといったディテールアップが中心の工作です。
とは言うもののキットがでかければパーツも多く、普通で言ったら相当作り応えのあるキット。
今の私はνガンダムの後ともなれば感覚がマヒしてるので、それほど苦を感じることも無く挑めそうですw

外装やフレームがそのまま使えるなんて、なんて素晴らしいのでしょう!

そんなこんなで大まかな表面処理が終了したので、ぼちぼち彫り始めています^^
シナンジュはただでさえ情報量が多いMS(キット)なので、やり過ぎ・モールドデザインには気を付けたい所。
まず手を出したので頭部。
sinanju3.jpg
はっきり言ってモノアイ見えません。
フェイスやメットを加工する事で簡単に見えるようになりますが、あえて施行せずクールに決めたいと思いますw
それでもモノアイはキットパーツがお粗末なので、コトブキヤのマル型モールドパーツ+VCドーム(グリーン2mm)に変更しました。
0.5mm前方へオフセットし、ノーマルよりは若干奥へ引っ込むイメージとしました。
側頭部のバルカンは、1.5mmのピンバイスで開口してメタルパーツを挿入。

sinanju4.jpg
ヘルメットをつけるとこのようになります。
角度によってはモノアイが確認できます・・・・・こでれいいのか?w

sinanju5.jpg
曲面に曲線を彫る事の難しさを痛感。
これくらいのアールはマスキングテープをガイドにすれば問題ありませんが、きついアールをどのように高精度に彫ろうか検討中。
以外にフリーハンドがいいかも。

いやー、ディテールアップは楽しい!
朝起きるのが楽しみで仕方ありません(うそ

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ