FC2ブログ

少しの事ですが

昨日はよかったですね、サッカー^^
見てて安心できる反面、刺激が無いというか^^;
ま、贅沢ですね。

マラサイの表面処理の合間に進めているキュベレイは、下肢の工作に移っています。
大まかなアウトラインが出ない事にはディテールを弄っていてもそわそわしてしまうのはなぜでしょう?^^;
これが永野メカのプレッシャーというやつかw

今日はスリッパの形状変更について。

スリッパはペタっとして先が尖りソールは丸く、まるで魔法使いの様な形状は他のMSと全く異なり独特の雰囲気を醸し出します。
永野版、イボルブ版のソールは異なった形状で描かれていますが、今回は劇場版重視で工作を進めて行きます。
スリッパが結構角ばっていますので、ソールは丸い方が全体のバランスがとれるのかな~と、勝手に解釈^^;
と、いうわけでスリッパの形状を弄りました。
Q7.jpg
ノーマルではやや太いかな?という印象。
左が改修後です。
左右やく2.5mm短縮しました。

Q10.jpg
さて、この2.5mmの短縮は意外に簡単で、足裏の外枠を1mm削りこみ、スリッパは左右を切り落として、やはり1mm削ります。
その後はキットより薄いプラ版で切り落とした面を作れば完成です。

Q8.jpg
わずかな事なんですが、これで重い感じを解消しつつ、元のイメージが残せたのではと^^;

少し短いですが、次回へ続きます。

MG キュベレイ(股間部その1)

シナンジュの方は無事に落札者様の元へ届いたとの連絡がありました。


MGマラサイは製作のご依頼が入りましたので、方針が決定次第進めてまいります。
サッと組んでみましたが、まさに「漢」のMSといった感じ。
製作中のキュベレイとはまさに対照的^^;
さてさて、どのような工作メニューとなるのでしょうか?

キュベレイは股間部から改修を始めています。
私の構想では、どうもココが全体のバランスを決定する部分という感じがします。

Q4.jpg
まず、ノーマルは使えないと^^;
強度、ディテールともに一昔前のMGを彷彿とさせるものです。
そこで今回はMGジンクスより同パーツを拝借しました。
意外と形状が類似しているため、必要最小限の修正でコンバートが出来そうです。
取りえずは市販される丸バーニアをスペーサーとして使用し、股間軸を外側へオフセットしてみました。

Q5.jpg
キットと比較してみました。
ご覧の通り、股間軸が3mm程上がりますが、この辺りは大腿部とのジョイント部を延長すれば問題ありません。
というか、トータルでどのくらい変化させるかがはっきりすれば、足し算や引き算がむしろ簡単に出来るという訳です。
また、BJでありませんので、可動域は拡大されるという大きなメリットもあります。

Q6.jpg
そして小技。
永野メカはディテールが非常に入り組んでいて、プラモデルで再現する事は困難です。
可動を制限しないよう、出来る限り詰めて行く予定です。

難題?

次回作はMGキュベレイです。
ガンプラに本格復帰してから数年経ちますが、ようやく・・・と言いますか、ついに制作欲が湧いてきましたw
他のMSとは一線を画すデザインで、なぜか好きになれませんでした。
それがナント、今になって「カッコイイ」「好きなMS」に大変身。
改めて永野メカの奥深さというものを感じております^^;

ではお題を見てみましょう。
Q3.jpg
独特のデザイン、圧倒的な強さと美しさを兼ね備えたMS。

Q2.jpg
通常のMSに装備されるライフルやバズーカ、シールドを持たず、ビットとサーベルで高い戦果を誇ります。

ん?
正面を画像が無い?
まーまー、それは言わない約束でしょ?w

とは言うものの、現実を避けては通れません。
そう!
よく分からないけどキットはイマイチなのです^^;

どこがいけない?
ピンポイント?それとも複数個所??
あくまで既存のデザインを尊重しつつ、どうしたらより良く見えるのかをシュミレーションしました。
Q1
左がキットノーマル状態。
右が加工後となります。
胸部、ウエスト、脚などを弄りましたが、大体このようなスタイルを目指して工作を進めていこうと思います^^

シナンジュのオークションは継続中です。
こちらもよろしくお願い致します。
top画のパイプ(左)、外れてましたね^^;
はずかしー

プロフィール

sada

Author:sada
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
お世話になってます
FC2カウンター
月別アーカイブ